平成5213日目

平成15年4月17日(木)

2003/04/17

【春の園遊会】田中耕一さんら1900人が出席

天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会が17日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた。ノーベル賞を受けた小柴昌俊、田中耕一の両氏ら各界功労者や、在京の駐日大使ら約1900人が出席、初夏のような日差しの下で両陛下や皇太子ご夫妻らと和やかに歓談した。

4月17日のできごと(何の日)【春の園遊会】田中耕一さんら1900人が出席
http://www.kunaicho.go.jp/

小柴さんは両陛下の基礎科学研究への理解に謝意を述べ、宇宙からのニュートリノ観測装置「カミオカンデ」がある岐阜県神岡町に「両陛下でお出かけください」と招待。陛下は「そういう機会を是非つくりたいと思います」と応じた。

終始緊張気味だった田中さんは「これからは講演とかよりも、日本の方々に役立つ仕事をしていきたいと思います」と宣言。皇后さまには「体に気をつけて頑張ってください」と励まされたという。

北朝鮮の拉致問題にかかわってきた中山恭子内閣官房参与は、陛下から昨年帰国した拉致被害者5人の様子を尋ねられ「子供たちが帰ってきた時に自立できるように、一生懸命研修を受けたり、地域に溶け込もうと頑張っています」と話した。《共同通信》



【ザ・グレート・サスケ氏】新マスクを製作へ

新マスクで反対の声に対抗−−。岩手県議に初当選した覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ氏(33)は17日、県議会への覆面姿での登庁に反対意見が出ていることを受け「品位を損なわないようなマスク」を製作することを明らかにした。

サスケ氏の事務所によると、デザインはまだ決まっていないが「議員は議会の品位を重んじなければならない」との県議会の会議規則に配慮。増田寛也知事の「有権者が表情を読み取れるようにすべきだ」との発言も踏まえ、顔の露出部分を増やすことなどを検討する。ただ、完成時期は未定で、来月6日の初登庁には間に合わないという。《共同通信》



4月17日のできごと