平成5183日目

2003/03/18

【小泉純一郎首相】米国の対イラク武力行使支持を表明


http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は18日午後、首相官邸で記者団に、ブッシュ米大統領のイラクに対する最後通告演説について日本政府としての正式見解を表明した。

首相はこの中で、「ブッシュ大統領は国際協調を得るために、さまざまな努力をしてきた。苦渋に満ちた決断だったのではないか。米国の方針を支持します」と述べた。首相はさらに、米国の武力行使についても「フセイン政権に武装解除の意思がないと断定された以上、支持が妥当だ」と支持を表明した。

首相はまた、「まだ、平和的解決の道は残されている。フセイン大統領の決断にかかっている」と述べ、ブッシュ大統領の要求に沿って、即時武装解除と大統領の亡命を求めた。武力行使の根拠については、「昨年11月の決議1441、そして678、687、こういう決議において、根拠となり得る」との認識を改めて示した。

首相はこれに先立ち、同日午前の閣僚懇談会で、イラクへの武力行使が不可避になったことを受け、「わが国としても、武力行使が現実となる場合を視野に入れ、対策に万全を期す」と述べた。

その上で、石破茂防衛庁長官と谷垣禎一国家公安委員長らにテロ・治安対策を指示。さらに、塩川正十郎財務相ら経済関係閣僚に対し、「為替、原油、株式などの経済・金融市場を注視し、不測の事態を生じないよう日銀などと連携し、万全を期してほしい」と求めた。昼前には、外務、財務、経済産業各事務次官らを官邸に集め、対応を直接指示した。

首相は同日昼、自民党役員、与党党首と首相官邸で相次いで会談し、ブッシュ大統領の最後通告演説への支持表明に、理解を得た。首相は夜には、安保会議を開き、国内のテロ対策、イラク周辺国の邦人保護などを協議する。《毎日新聞》

広告




【フジ系連続ドラマ・僕の生きる道】最終回

【MLB】日本での開幕戦を中止

米大リーグ機構は18日、緊迫したイラク情勢を受け、日本で開幕予定だった大リーグ開幕戦、イチロー外野手、佐々木主浩投手、長谷川滋利投手が所属するマリナーズと、アスレチックスの2連戦(今月25、26日・東京ドーム)を中止すると発表した。17日にブッシュ米大統領が行った対イラク最後通告を受け、決定した。

ブッシュ大統領が最後通告期限を「48時間」と区切ったことから、バド・セリグ・コミッショナーをはじめ機構側関係者は米国務省、連邦捜査局(FBI)などの関係機関と接触。日本遠征を実施するかどうか助言を求めた上で、最終的な決定を下した。《共同通信》

3月18日/のできごと