平成5167日目

2003/03/02

【小泉純一郎首相】キューバ・カストロ議長と会談

Embed from Getty Images

小泉純一郎首相は2日午後、都内の外務省飯倉公館で、来日中のキューバのカストロ国家評議会議長と会談し、北朝鮮の核、拉致問題で友好関係にあるキューバの影響力行使を求めた。

カストロ議長は「できることがあれば、できる範囲でやる用意がある」と強調。イラク問題では、ミサイル廃棄の動きを踏まえ「解決の可能性がでてきた」との見方を示した。《福井新聞》

広告




【JR西日本】居眠り運転の運転士はSASの可能性

山陽新幹線の居眠り運転事故で、JR西日本は2日、居眠りをした運転士(33)が、就寝中に呼吸が止まって熟睡できない「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)の疑いが強いことを明らかにした。睡眠が分断され、昼間に強い眠気を催すのが特徴とされる。運転士は同日、大阪市内の病院に転院し、精密検査を始めた。JR西日本はほかの運転士にも診察を実施する方向で検討を始めた。

運転士は2月26日午後3時過ぎ、広島発東京行き「ひかり126号」を運転中に居眠り。同21分、列車が岡山駅手前で自動停車し、車掌に揺り起こされるまで眠り込んでいた。

JR西日本によると、運転士は同28日から広島市内の病院で検査を受け、医師に対し、「5、6年前から寝ている最中に何回も目が覚める」「家族らに、いびきをかいている時に息が止まっているようだと指摘されたことがある」と話したという。運転士は体重が約100キロあり、睡眠中のいびきも大きかった。病院側はSASの疑いが強いと判断。大阪で専門医の診断を受けさせる。《朝日新聞》

【作家・生島治郎さん】死去

3月2日/のできごと