平成4908日目

2002/06/16

この日のできごと(何の日)

【河野洋平元外相】退院

肝硬変治療のため4月に生体肝移植手術を受けた河野洋平元外相は16日、入院していた信州大病院(長野県松本市)を退院した。河野氏は正午ごろ、病院の玄関にゆっくりとした足取りで現れ、笑顔で病院長らにあいさつ。「体調は非常にいいです。こんな気持ちは久しぶり」と話し、迎えの車に乗り込んだ。

同病院によると、河野氏は手術後、大きな拒絶反応もなく順調に回復、肝機能に問題はない。今後は血液検査などのため定期的に東京都内の病院に通院することになるという。同病院の説明では、河野氏は免疫抑制剤の服用を続けるため感染症の危険が高く、政界復帰が可能となるのは、抑制剤の量を減らす秋以降になる見込み。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【民主党・鳩山由紀夫代表】「体質一掃へ政権交代を」

民主党の鳩山由紀夫代表は16日、徳島市で講演し、東京地検特捜部が自民党の鈴木宗男衆院議員をあっせん収賄容疑で逮捕許諾請求の準備を進めていることについて「宗男氏1人を逮捕して追及してもそれ一つでは日本の政治は変わらない。『宗男的体質』を一掃するには政権後退をしなければならない」と述べ、政権交代の必要性を訴えた。《共同通信》



6月16日 その日のできごと(何の日)