2001 平成13年11月13日(火)のできごと(何の日)

平成4693日目

2001/11/13

【外務省】プール金1億円超使用

田中真紀子外相は13日夜、緊急に記者会見し、ホテル代水増し請求などの方法でホテルや出入り業者に預り金名目でプールしていた裏金に関する内部調査の中間報告を公表した。

プール金のうち、1995年4月から今年7月末までに「1億円を相当上回る額」が使われていたことが判明。すべての部署でプールし、本省の約100の課、室では3分の2にあたる70を超える課、室で裏金をプールしていた。残高や使途不明金を合わせるとプール金の総額は2億円前後に達する可能性も出てきた。《共同通信》




【アフガニスタン】タリバン軍が首都撤退

アフガニスタンのタリバン政権軍が13日朝までに首都カブールから撤退、反タリバン勢力「北部同盟」の部隊がカブール全域を制圧した。北部同盟は1996年9月のラバニ政権当時、タリバンにカブールを奪われて以来5年ぶりにカブールを奪回したことになる。

大きな戦闘はなく、市民はタリバン軍の撤退を歓迎。市内は平穏だ。北部同盟軍当局者によると、カブールには軽武装の警察部隊約5000人が展開、治安維持に当たっている。

米中枢同時テロから約2ヵ月、米軍主体の空爆開始から1ヵ月余り。ウサマ・ビンラディン氏らの組織に対するブッシュ米政権の軍事作戦はビンラディン氏をかくまうタリバン政権の首都撤退で新たな段階に入った。《共同通信》

11月13日/のできごと

シェアする

フォローする