2001 平成13年10月24日(水)

平成4673日目

2001/10/24

【民主党・鳩山由紀夫代表】小泉内閣「改革、何も進んでいない」

民主党の鳩山由紀夫代表は24日の記者会見で、小泉内閣が26日に発足後半年を迎えることについて「歴代内閣でも国民の期待は高いが、実際には改革は何も進んでいない。国民もようやく気付きはじめたのではないか」と述べた。

鳩山氏は「他の国ならどんどん物事が進んでなければならない。にもかかわらず、不良債権処理一つ取ってみても何ら動いていない」と指摘した。《福井新聞》




【小泉純一郎首相】一定限度の誤爆はやむなし

小泉純一郎首相は24日午後の参院外交防衛委員会などの連合審査で、米英軍によるアフガニスタン攻撃で民間人に死傷者が出ていることについて「軍事施設を狙ってやったが、外れる場合も100%ないとは言えない。限定的に一切テロリストだけ攻撃できればいいが、100%確実に標的に当たるとは限らない」と述べ、一定限度の誤爆はやむを得ないとの見解を示した。

首相は「テロリストは世界に何十人散らばっているか分からない。長期戦を覚悟している。時限立法の2年でまだ終わっていなかったら、その状況を見て判断せざるを得ない」と述べ、自衛隊派遣が2年以上に及ぶことも想定していることを明らかにした。《福井新聞》

10月24日/のできごと

シェアする

フォローする