平成4499日目

2001/05/03

【東京入国管理局】「金総書記の長男」拘束

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正日総書記の長男、金正男氏(29)とみられる男性が今月1日、成田空港で偽装旅券を使ってシンガポールから不法入国しようとして東京入国管理局に身柄を拘束されていたことが3日、分かった。男性に同行していた家族とみられる3人も身柄拘束された。

入管当局の調べに男性は、金総書記の長男であることを認め「ドミニカ共和国で一人2000ドルで偽造旅券を入手、東京ディズニーランドを見物する予定だった」「東京ディズニーランドには14、5歳のころにも来たことがある」などと話しているという。法務当局は男性を茨城県内の入管施設に収容、入国目的などを調べている。

金正男氏は北朝鮮の最高指導者、金総書記の有力な後継者とみられ捜査当局は重大な関心を寄せている。

政府は身柄拘束が長引いた場合、日朝関係への悪影響も懸念されることから、一両日中にも4人を中国・北京に強制退去させる方針で、中国政府に受け入れを打診している。小泉純一郎首相は3日夜「(身元を)確認しているところだ。それ以上のことは言えない」と語った。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【阪神・野村克也監督】「10安打で1点というのは何でや」

広島3−1阪神◇3日◇甲子園

貧打に苦しむ阪神は5試合ぶりに2けた安打したが、得点力不足は変わらなかった。走者が出なかったのは四回と九回だけだが、得点したのは七回の代打八木の右前適時打だけ。11残塁の拙攻だった。

4試合連続で得点1。野村監督は「10安打で1点というのはなんでや。おれが(さい配で)悪いことしたか。今日はヒットが出たからいいやん」と少しやけ気味だった。《共同通信》

【J1】第7節

Jリーグ一部(J1)第7節(3日・日本平スタジアムほか=8試合)豊磐田が2−0で浦和に快勝し、開幕から7連勝で勝ち点を21に伸ばした。磐田のFW中山は3試合連続ゴールを挙げ、Jリーグ通算得点でトップの三浦(神戸)と113得点で並んだ。

清水は札幌に5−2と大勝、勝ち点14の2位に浮上した。名古屋はC大阪から後半に3点を奪い、勝ち点14で清水に並んだ。

市原はベテラン中西が2点を挙げ鹿島を2−0で破り、4連勝。昨季の三冠王鹿島は4敗目を喫した。G大阪は松波のVゴールで柏を下し、広島は高橋のハットトリックでF東京に快勝した。《共同通信》

【社民党、共産党】護憲で共闘

共産党の志位和夫委員長と社民党の土井たか子党首は3日、都内で開かれた護憲派の市民集会にそろって出席。小泉純一郎首相発言などで憲法改正の機運が強まる中で「憲法9条を守れの一点で大同団結しよう」(志位氏)と訴えた。憲法記念日の集会で、両党党首が同席するのは初めてという。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は3日、シアトルでのレッドソックス戦で5打数3安打し、連続試合安打を「10」に伸ばした。マリナーズは10−3とリードした九回に佐々木投手が三番手で登板。2安打されたが、得点を許さなかった。

エンゼルスの長谷川投手はアナハイムでのホワイトソックス戦に二番手で登板。1回を無失点でチームの勝利に貢献した。新庄外野手のメッツは試合がなかった。《共同通信》

【この日の民主党】

渡辺周議員とツルネン・マルテイ氏がロンドン、パリで在留邦人向け講演

昨年から導入された「在外投票」の現状の把握と、きたる参院選へ向けた民主党のPRのため、渡辺周衆議院議員と参院選比例代表候補予定者のツルネン・マルテイさんが、ロンドンとパリを訪れ、両都市で現地の日本人の協力のもと、民主党講演会を開催した。

5月1日のロンドンでの集会には、メーデーのデモに乗じた商店襲撃や放火が懸念され、戒厳令下のような警察当局の取締りの中、約30人近い日本人が参加した。

3日のパリでは、事前に1000枚近いチラシを配っていただいた佐々木真紀さん(佐々木秀典代議士の妹さん)の協力で、60人を超える日本人の参加があった。

講演会の質疑で交わされた在留邦人の主な関心は「小泉新政権で日本の構造改革は進むのか。民主党はどういう態度で臨むのか」「日本の教育はどうなっているのか。学力の低下が心配だ」「在外投票の手続きが煩雑、情報不足なので改善して欲しい」など。

この他、「戸籍、本籍はそもそも必要なのか」「2005年の愛知万博にむけ日本はどうするのか」「日本に残った家族の相続の問題などの相談窓口を民主党が作ってもらえないか」などの、多面的な質問も出された。

渡辺議員とツルネンさんは「民主党はこれまでのように、議論ばかりをして結論を先延ばしにし、相手のエラーで加点する党であってはならない。史上空前の高支持率に支えられた小泉政権と闘う“大人の政党”になる契機とするしかない」と語り、これから在外投票の拡大に向けての努力と、恥ずかしくない日本政治の確立を約束して会を締めくくった。《民主党ニュース》



5月3日 その日のできごと(何の日)