2000 平成12年12月6日(水)

平成4351日目

平成12年12月6日(水)

2000/12/06

【森喜朗首相】「全身全霊を傾けて国政に取り組む」

第2次森改造内閣は発足から一夜明けた6日午前、新閣僚が各省庁で前任者と引き継ぎを行うなど、本格的に始動し、森喜朗首相は都内で開かれた全国町村長大会でのあいさつで「この内閣で国家、国民のために何が必要かを第一に考え、全身全霊を傾けて国政に取り組んでいく決意だ」と表明した。

来年1月からの中央省庁再編に対応、一部閣僚が複数ポストを兼務したため省庁ごとに引き継いだ。

橋本龍太郎行政改革担当相兼沖縄・北方対策担当相は、沖縄開発庁長官を兼務していた福田康夫官房長官との引き継ぎの後、同庁職員に訓辞。「今までさまざまなことでご縁があったが、直接担当するのは初めて。沖縄県は本土復帰が遅れ、各都道府県との格差が残っている。一つでも二つでも問題を解決し、少しでも県民に喜んでもらえる新世紀にしたい」と就任の抱負を述べた。

橋本氏はこの後、行革を担当する立場から続訓弘前総務庁長官とも引き継ぎをした。《共同通信》

【倖田來未さん】デビューシングル「TAKE BACK」発売

12月6日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

【WBAミニマム級タイトル戦】星野敬太郎選手、初挑戦で戴冠

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は6日、パシフィコ横浜で行われ、挑戦者で同級12位の星野敬太郎(MI花形)がチャンピオンのガンボア・小泉(フィリピン)を3-0の判定で下し、世界初挑戦でタイトル奪取に成功した。

日本人のミニマム級の世界王者は井岡弘樹、大橋秀行に次ぎ3人目。MI花形ジムの会長は元WBAフライ級王者の花形進氏で、日本の元世界王者のジムから世界チャンピオンが誕生したのは初めて。《共同通信》

12月6日のできごと