平成4330日目

2000/11/15

【オーストリア・ケーブルカー火災】全155遺体を収容

オーストリア・アルプスのケーブルカー事故で、地元対策本部は15日、トンネル内で犠牲となった計155人の遺体収容作業を終了したと発表した。対策本部当局はこの中に10人の日本人スキー客が含まれていると述べた。18人の生存者が救出されたが、戦後オーストリアでは最悪の惨事となった。《共同通信》




【自民党】第3の首相候補を模索

与党内の首相交代論拡大を受け、自民党執行部は15日、事態収拾策として森喜朗首相、自民党加藤派の加藤紘一会長以外の「第3の首相候補」擁立の可能性を模索しはじめた。内閣不信任案の衆院本会議採決前に決着を図り、混乱を最小限に食い止めるべきだとの判断からだ。

なお、森首相は同日、ブルネイでの日ロ首脳会談で訪ロ要請を受諾するなど引き続き政権を担う決意を強調している。《共同通信》

【民主・自由・社民】政局への対応を協議

民主党の羽田孜・特別代表、自由党の小沢党首、社民党の土井党首は15日夜、都内の料理店で会談し、自民党の加藤紘一・元幹事長が森首相の退陣を求めている問題をめぐって政局への対応を協議した。

3氏は「加藤氏は本気で自民党を割るハラを固めてはいない」との見方で一致、「今後も事態は流動的だ」として、情報収集に務めていくことで一致した。

羽田氏ら3氏は、1969年に衆院選に初当選しており、「同期会」として羽田氏が呼びかけた。共産党の不破委員長も初当選が同じで、参加を呼びかけたが、不破氏は党大会の準備を理由に断ったという。《読売新聞》

11月15日/のできごと