平成4316日目

2000/11/01

【森喜朗首相】中川前長官任命責任論をかわす

衆参両院の国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)が1日開かれ、民主党の鳩山由紀夫代表らが辞任した中川秀直前官房長官を任命した森喜朗首相の責任などを追及した。

首相は「閣僚人事については任命責任者の私に責任があるが、本件についてはあらかじめ予測できなかった」と責任論をかわした。《福井新聞》




【民主党】鳩山代表に不満の声

民主党の鳩山代表は1日の党首討論で、中川秀直・前官房長官をめぐる女性問題や右翼団体幹部との交友疑惑を取り上げ、森首相の任命責任を追求した。だが、質問は森首相にかわされるばかり。このため、民主党内には「突っ込み不足」との不満の声が広がった。

鳩山氏は、前回(10月25日)の党首討論では北朝鮮による日本人拉致問題に関する首相発言を取り上げたが、党内からは「さまざまなことを聞きすぎる」(幹部)、「相手を追い込むことが下手」(若手)との批判が出た。このため、鳩山氏は今回質問を(1)中川氏の国会答弁はうそだったのではないか(2)首相に真偽を調査する意思はあるか−―の2点に絞った。鳩山氏は「国民が一番知りたがっているのは官邸疑惑だ」「官邸を国民が信頼しなくなっている」などと語気を強めた。

だが、首相は「すべて週刊誌やそういうものの推測。民主党が調査したと言うのなら、どういう調査をしたのかお教え頂きたい」などと切り返した。首相からは中川氏自身による事情解明への期待感が繰り返し表明されるだけだった。

終了後、鳩山氏は記者会見で「首相の無責任ぶりが極めて明らかになった」と満足げだったが、民主党内からは「同じ角度から同じ解答を得るだけ。見ている方が欲求不満になった」(新党さきがけ出身議員)、「鳩山氏はスキャンダル追求には向いていない」(日本新党出身議員)といった声が聞かれた。《読売新聞》

【サッカー日本代表】凱旋

レバノンで行われていたサッカーのアジアカップで優勝した日本代表チームが1日、成田空港に凱旋、2大会ぶり2度目のアジア王者に日本を導いたトルシエ監督は、「出発前に約束した通り、カップを持ち帰ることができた」と、胸を張った。

空港の到着ロビーでファンから花束を贈られるなどの祝福を受けたトルシエ監督。その後の記者会見は1時間以上に及び、「優勝候補として勝って当たり前の雰囲気だった」と、予想以上の重圧だったことを明らかにした。その上で「(自分が就任してからの)2年間、この大会を目標にしてきた。優勝はその成果。選手たちは人間として大きく成長した」など、自身の強化策の正しさをアピールした。《読売新聞》

11月1日/のできごと