平成4314日目

2000/10/30

【マラソン・高橋尚子選手】国民栄誉賞受賞


https://www.kantei.go.jp/

シドニー五輪女子マラソンで日本の陸上女子選手として初の金メダルに輝いた高橋尚子選手(28)に対する国民栄誉賞表彰式が30日、首相官邸で行われた。

高橋選手は積水化学の小出義雄監督らに付き添われて出席。森喜朗首相から表彰状、楯、記念品の腕時計を贈られ「栄誉ある賞をいただき記念すべき日となりました。この賞を大事にして多くの人に陸上を楽しんで、あこがれてもらえるような人になりたい」と笑みを浮かべた。《福井新聞》




【日産自動車】黒字転換へ

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は30日、昨年10月に発表した再建計画「日産リバイバル・プラン」の進行状況について記者会見し、今年5月に示した2001年3月期の連結純利益600億円という見通しを大幅に上方修正し、2500億円になると発表。2000年3月期の6844億円の赤字から一転して高水準の黒字を実現できることに自信を示した。

ゴーン社長は「リバイバル・プランは予想よりも早いスピードで進展しており、過去10年間で最高の決算になる」と成果を強調した。《福井新聞》

【プロ野球・MVP】(セ)巨人・松井秀喜外野手(パ)ダイエー・松中信彦内野手

プロ野球の最優秀選手(MVP)は30日、セ・リーグは日本一に輝いた巨人の松井秀喜外野手、パ・リーグは松中信彦内野手の両優勝球団の主砲がそろって選出された。

最優秀新人(新人王)には、セが入団2年目で首位打者を獲得した横浜の金城龍彦内野手が選ばれたが、パは32年ぶりに該当者なしとなった。2年目選手の新人王は13年ぶり。《福井新聞》

【阪神・新庄剛志外野手】FA宣言

プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言期間が30日始まり、阪神の新庄剛志外野手が早速、権利行使の意思を表明、球団に文書を提出した。新庄は「あとは待つだけ」と話しただけで、残留か移籍かについては言及しなかった。また、矢野輝弘捕手はFA宣言して阪神に残ることが決まった。

ヤクルトの川崎憲次郎投手は残留を最優先としながらも、球団との交渉が決裂した場合にはFA宣言することを明らかにした。広島の前田智徳外野手は「今はけがを克服し、広島でプレーしたい」と権利行使は見送ることを公表。二度目の資格を得た巨人の桑田真澄投手は「今は何も言えない」と態度を保留した。《福井新聞》

10月30日/のできごと