平成4314日目

2000/10/30

【マラソン・高橋尚子選手】国民栄誉賞受賞

シドニー五輪女子マラソンで日本の陸上女子選手として初の金メダルに輝いた高橋尚子選手(28)に対する国民栄誉賞表彰式が30日、首相官邸で行われた。


https://www.kantei.go.jp/

高橋選手は積水化学の小出義雄監督らに付き添われて出席。森喜朗首相から表彰状、楯、記念品の腕時計を贈られ「栄誉ある賞をいただき記念すべき日となりました。この賞を大事にして多くの人に陸上を楽しんで、あこがれてもらえるような人になりたい」と笑みを浮かべた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【日産自動車】黒字転換へ

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は30日、昨年10月に発表した再建計画「日産リバイバル・プラン」の進行状況について記者会見し、今年5月に示した2001年3月期の連結純利益600億円という見通しを大幅に上方修正し、2500億円になると発表。2000年3月期の6844億円の赤字から一転して高水準の黒字を実現できることに自信を示した。

ゴーン社長は「リバイバル・プランは予想よりも早いスピードで進展しており、過去10年間で最高の決算になる」と成果を強調した。《共同通信》

【プロ野球・MVP】(セ)巨人・松井秀喜外野手(パ)ダイエー・松中信彦内野手

プロ野球の最優秀選手(MVP)は30日、セ・リーグは日本一に輝いた巨人の松井秀喜外野手、パ・リーグは松中信彦内野手の両優勝球団の主砲がそろって選出された。

最優秀新人(新人王)には、セが入団2年目で首位打者を獲得した横浜の金城龍彦内野手が選ばれたが、パは32年ぶりに該当者なしとなった。2年目選手の新人王は13年ぶり。《共同通信》

【阪神・新庄剛志外野手】FA宣言

プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言期間が30日始まり、阪神の新庄剛志外野手が早速、権利行使の意思を表明、球団に文書を提出した。新庄は「あとは待つだけ」と話しただけで、残留か移籍かについては言及しなかった。また、矢野輝弘捕手はFA宣言して阪神に残ることが決まった。

ヤクルトの川崎憲次郎投手は残留を最優先としながらも、球団との交渉が決裂した場合にはFA宣言することを明らかにした。広島の前田智徳外野手は「今はけがを克服し、広島でプレーしたい」と権利行使は見送ることを公表。二度目の資格を得た巨人の桑田真澄投手は「今は何も言えない」と態度を保留した。《共同通信》

【この日の民主党】

人権教育・啓発基本法案を提出~不当な差別・人権侵害の解消が目的

民主党は10月30日、国や自治体に人権政策の推進を義務づける「人権教育・啓発基本法案」を議員立法で衆院に提出した。

この法案は、「歴史的社会的理由により生活環境等の安定向上が阻害されている地域に係る差別をはじめとする社会的身分、門地、人種、信条、性別又は障害による不当な差別その他の人権侵害を解消すること」を目的に、人権に関する教育及び啓発に関し、政府が基本理念や基本計画を定めることを求めている。さらに、内閣府に内閣総理大臣を議長とした人権教育・啓発推進会議を設けて、人権政策担当を一元化することや、人権教育の指導員を養成・派遣、研修などの施策を盛り込んでいる。《民主党ニュース》



10月30日 その日のできごと(何の日)