2000 平成12年8月24日(木)

平成4247日目

2000/08/24

【アンディ・フグさん】死去

格闘技「K-1」の人気選手、アンディ・フグさん(35)が24日午後6時21分、入院先の東京都内の病院で死亡した。K-1事務局(東京)によると、フグ選手は19日に高熱のため東京都内の病院に運ばれ、急性前骨髄球性白血病と診断、24日になって危篤状態に陥っていた。

フグ選手は身長180センチ、体重98キロ。空手やタイの格闘技「ムエタイ」を経てK-1に転身。足を頭より高く振り上げ、相手の上半身をかかとでけり落とす「かかと落とし」を得意技に、1996年のK-1グランプリで優勝。テレビ番組やCMにも登場するなど人気を得ていた。《福井新聞》




【グエン・ドクさん】新義足で歩行訓練開始

大分市の義肢装具士、幸幹雄さん(35)の製作所で義足制作の研修を受けているグエン・ドクさん(19)は24日、できたばかりの義足をつけ、歩行訓練を開始した。

ドクさんは義足の具合を確かめるように、同製作所前の道を松葉づえなしで、ゆっくりと往復。「(義足の出来は)今までで最高」とうれしそうに話した。これまでの義足は昨年作ったもので、ドクさんの成長で合わなくなっていた。《福井新聞》

【自民党】対中円借款を見送り

自民党外交関係合同会議は24日午前、中国に対する約172億円の特別円借款供与を審議したが、中国の海洋調査船や海軍艦艇が日本近海での活動を強めていることに反発が相次ぎ、前回9日の会議に続き、了承するかどうかの結論を見送った。

28日から訪中する河野洋平外相が党内の雰囲気を伝え、中国側の対応を見た上で、あらためて協議することになった。塩崎恭久外交部長が河野外相と会い、党の立場を伝える。

政府は、河野外相の訪中の際に、中国側と初の対中特別円借款の交換公文に署名する方針だったが、先送りされる見通しとなった。

会議では出席者から、中国艦船が日本近海で情報収集をしていることについて「日本の安全保障、主権への重大な懸念」「日本のスタンスが問われている」などの批判が続出。対中関係は重要との認識では一致しながらも「現段階で借款の実施は認められない」と結論を先送りした。《福井新聞》

8月24日/のできごと