平成4240日目

2000/08/17

【森喜朗首相】IT最先端を体験

森喜朗首相は17日午後、東京・芝のNEC本社を訪れ、電子政府化に向けたシステムや次世代型携帯電話など、情報技術(IT)の最先端を体験した。

IT革命を政権の表看板に据える首相だが「ここまで進んでいるとは」と感心しきり。電子政府化の技術の説明では、指紋で個人を識別したり、役所に行かなくても各種の許可申請や入札などが可能なシステムの前で「ふんふん」とうなずくばかり。「(マウスを)クリックするたびに、手が震える」と周囲を笑わせた。

さらに次世代携帯電話を手に取ったり、来年度から運用の始まる高速度通信や身障者向けのシステムなどを実際に体験してみるなど、最先端技術を体験。首相はそれぞれのシステムの説明を受けながら「難しいねええらい時代だ。あんまり長生きしないほうがいいな」とポツリ。「日進月歩でどんどん変わっている。法整備をやらないと遅れてしまう」と、ITの進歩を認識した様子だった。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【第82回全国高校野球選手権大会】第10日

第82回全国高校野球選手権大会第10日は17日、甲子園球場で3回戦4試合が行われ、横浜(神奈川)光星学院(青森)東海大浦安(千葉)育英(兵庫)が買ってベスト8に進んだ。光星学院と東海大浦安は初の準々決勝進出。横浜は今春の選抜大会4強の鳥羽(京都)を2−1で破った。九回一死二塁から黒瀬の安打で、今大会初のサヨナラ勝ち。優勝した一昨年以来の8強入りを果たした。光星学院は4−3で九州学院(熊本)に競り勝った。東海大浦安は相手のミスをついて小刻みに加点し、6−2で日大豊山(東東京)を下した。育英は14安打の猛攻。機動力を生かして10盗塁を決め、12−2で那覇(沖縄)に快勝して、7年ぶりに準々決勝に進んだ。《共同通信》

【三菱自動車】新たにリコール5万台

顧客からのクレーム書類を大量に隠していた問題が発覚した三菱自動車は17日、既に届け出ている9件、53万台のリコール(回収・無償修理)に加え、新たに6、7件のリコールを追加することを明らかにした。関係者によると、台数は5万台以上に上る。クレーム隠しは複数の部署が関与していた疑いも浮上しており、同社は22日にも、こうした問題に関する社内調査結果と河添克彦社長らの減俸処分を発表する。

三菱自は隠ぺいされていたクレーム書類を調査した上で、7月下旬に9件のリコールを運輸省に届け出た。その後、クレーム情報を詳細に調査した結果、新たにリコール対象の欠陥が発覚したという。リコールには該当しないが、改善対策を要する不具合なども含めると、10件程度を週明けに届け出る見通し。

関係筋によると、三菱自のクレーム隠しは欠陥情報を管理する品質保証部だけでなく、販売店との窓口であるサービス部門なども関与していた疑いが強いという。《共同通信》

【クルスク号事故】カシヤノフ首相「破局に近い」

バレンツ海でロシアの新鋭原子力潜水艦クルスクが航行不能になった事故で、カシヤノフ首相は17日の閣議で「救出に期待は残っているが、状況は破局に近い」と述べ、118人の乗組員の救出は極めて困難との見通しを示した。

事故原因についてセルゲーエフ国防相は同日「衝突が最も有力だ」と述べたが、何と衝突したかなど具体的な言及は避けた。ディガロ海軍報道部長はビデオを分析した結果、艦首部から艦橋のある中央部にかけて大きな損傷があると明らかにした。

一方ロシアの支援要請を受けた英国の特殊潜航艇を乗せた船は17日午前(日本時間同日午後)ノルウェー中部トロンヘイムを出発、19日昼に現場海域に到着予定。

報道部長は乗組員が船体を叩く信号が17日午後7時(同18日午前0時)まで途絶えたままだと述べ、2日間連絡がないことを認めた。さらに潜望鏡が上がったままのため事故は「一瞬のうちに起きたと考えられる」と述べた。《共同通信》

【米大統領選】ゴア氏、指名受諾演説

米民主党大会は最終日の17日夜(日本時間18日午前)、民主党大統領候補に正式指名されたゴア副大統領が受諾演説を行い、「この繁栄ですべての働く家族を豊かにしよう」と訴えた。

米国の一般的中流家庭を指す「働く家族」に軸足を置いた政治を強調することで、共和党との違いを鮮明にし、カギを握る中道層の支持獲得を狙った。

日本などとの安保関係強化や、自由で公正な貿易の推進も掲げた。

これで民主党大会は4日間の全日程を終了。米大統領選は11月7日の投票日まで残り約80日となり、民主党ゴア氏が共和党ブッシュ・テキサス州知事を追う形で終盤戦に突入した。

ゴア氏は副大統領在任中に「この国はより豊かに、より強くなった」と空前の経済繁栄の実績を誇示。一層繁栄した米国を築くため「医療保険、教育、年金、中間所得層減税のために投資しよう」と力説した。

また「私は働く家族に目を向けている。強大な権力や企業のためではない」と強調、たばこや銃メーカー、石油業界など大手の利権と闘う決意を示した。《共同通信》

【E・H・エリックさん】死去

E・H・エリック氏(タレント、俳優岡田真澄氏の兄)ハワイ時間17日午後9時15分(日本時間18日午後4時15分)、パーキンソン病のため米ハワイ・マウイ島の自宅で死去、71歳。フランス出身。

英語、フランス語を使った司会や、NHK『夢であいしょう』などのバラエティー番組、ドラマでの軽妙な演技で親しまれた。《共同通信》



8月17日 その日のできごと(何の日)