平成4020日目

2000/01/10

【小渕恵三首相】カンボジア入り

小渕恵三は10日夕、東南アジア諸国連合(ASEAN)3カ国訪問の最初の訪問国のカンボジアに到着した。日本の首相のカンボジア訪問は43年ぶり。《共同通信》


https://www.kantei.go.jp/

カンボジア訪問中の小渕首相は10日夕、カンボジア市内の寺院で、国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)参加中に殉職した高田晴行警視の慰霊碑を参拝した。千鶴子夫人、カンボジアのフン・セン首相夫妻も同行した。一行が焼香を済ませると、フン・セン首相は「カンボジア到着後、まず最初に首相が高田警視の慰霊碑を参拝されることに、日本国民は感銘を受けると思う」と発言。小渕首相はフン・セン首相の参拝に謝意を表したうえ、「尊い犠牲は残念であったけれども、日本とカンボジアの関係、またカンボジアの平和のために尽くされたことを多としている」と述べ、高田警視の功績をたたえた。

高田警視は、文民警察官としてUNTACに参加していた93年5月、武装集団に襲撃され、死亡した。《読売新聞》



【多摩モノレール】全線開通

東京・多摩地区を南北につなぐ多摩モノレール(東大和市・上北台駅ー多摩市・多摩センター駅間16キロ)がきょう10日、全線開通する。9日には南端のターミナルとなる多摩センター駅などで記念式典が行われ、全線開通を祝った。

新たに開通するのは立川北駅(立川市)ー多摩センター駅間の10.6キロ。部分開通していた立川北駅ー上北台駅を含め、全線16キロを36分で結ぶ。また、多摩センター駅で京王相模原線と小田急多摩線に、高幡不動駅で京王線に、立川南駅と立川北駅でJR線に接続するなど、多摩地区に新しい交通ネットワークを形成する。運営する多摩都市モノレール(本社・立川市)では、1日11万6000人の利用を見込んでいる。《読売新聞》

【太田房江氏】大阪府知事選出馬表明

横山ノック前知事の辞職に伴う大阪府知事選(2月6日投票)で、連合大阪と関西経済連合会が擁立を進めていた前通産省審議官の太田房江氏(48)は10日夕、大阪市内で記者会見し、出馬を表明した。これを受け、民主、公明、自由各党は太田氏推薦を決めた。自民党本部も週内に太田氏推薦を決定する方針だが、これを認めない同党大阪府連は同日の選対委員会で、学校法人清風学園専務理事の平岡竜人氏(59)の推薦を決定し、平岡氏も同日夜、出馬表明した。同党は分裂選挙に突入する可能性も出ている。

太田氏は記者会見で、岡山県副知事を昨年夏まで努めた経歴に触れ、「チャンスがあれば地方行政に携わりたいとひそかに思っていた」と出馬の意向を説明し、9日に通産省を退職したことも明らかにした。

また、この席で「景気を回復し、大阪の復活を目指す」「生活者としての女性の視点を活かす」などの公約を掲げる考えを示した。《読売新聞》



1月10日のできごと