平成3978日目

1999/11/29

【小渕恵三首相】村山富市元首相と会談

小渕恵三首相は29日夕、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪問する超党派議員団の村山富市団長(元首相)と首相官邸で会談し、金正日総書記あての親書を託した。親書は「自民党総裁」名で、日朝関係改善を呼び掛ける内容とみられる。

村山氏は会談で「何とか国交回復の道を開きたい。そのための環境整備をする」と強調、中断している国交正常化交渉の再開に道筋をつけることに強い意欲を示した。

首相は「これまで側面から努力してきたが、成果が挙がっていない。(交渉再開に)展望が見えてくることを期待している」と述べた。野中広務自民党幹事長代理らも同席した。《共同通信》




【国会】年金法案で空転

年金制度改正関連法案の衆院厚生委員会での強行採決をめぐって混乱が続いていた国会は29日夜、伊藤宗一郎衆院議長が(1)12月1日に衆院本会議で財政演説に対する質疑を行う(2)厚生委は補充質問、参考人質疑など今後の日程で誠意ある協議をする、との裁定を下した。与野党ともこれを受け入れ、国会は正常化する見通しとなった。

議長裁定の結果、国益を考慮して河野洋平外相ら3閣僚が30日から世界貿易機関(WTO)閣僚会議に出発することを容認した。《共同通信》

11月29日/のできごと