平成3976日目

1999/11/27

【警視庁】商工ローン大手「日栄」を書類送検

商工ローン最大手「日栄」元社員による貸金業法違反事件で、警視庁生活経済課は27日、同法違反(取り立て行為規制)容疑で法人としての日栄を書類送検、同容疑と恐喝容疑でB容疑者(45)を書類送検した。同課は、同社社員の悪質な債権回収について会社上層部の指示があった疑いがあるとして、今後、A社長(77)からも事情を聴いて全容解明を急ぐ。

調べでは、B容疑者は昨年4月ごろから5月ごろにかけ、日栄から720万円を借り入れていた千葉県に住む50代の元自営業者の夫婦に「親、兄弟、子供らに頭を下げて金をつくって来い。泥棒やろう」「腎臓を売れ」と要求して80万円を脅し取った疑い。




貸金業法は悪質な取り立てをした場合、社員のほか会社を罰則する規定がある。《共同通信》

【小渕恵三首相】インドネシア・ワヒド大統領と会談

新製権発足後、外国首脳としてインドネシアを初めて訪問した小渕恵三首相は27日午前、ワヒド大統領とジャカルタ市内の大統領宮殿で会談した。

首相は「インドネシアの改革努力と経済回復に対する支援を今後とも惜しまない」と支援を表明。両首脳は1997年の通貨危機以来落ち込んでいる日本企業の対インドネシア投資を促進するため、投資企業に最恵国待遇を確保する「投資保護協定」を両国が締結することで合意した。《共同通信》

11月27日/のできごと