平成3961日目

1999/11/12

【天皇陛下御在位十年記念式典】

政府主催の「天皇陛下御在位十年記念式典」が12日午後、天皇、皇后両陛下を迎えて東京千代田区の国立劇場で開催され、小渕恵三首相、衆参議長、最高裁長官ら約1300人が参加した。陛下はお言葉で、阪神大震災やソ連崩壊に触れながら10年間を振り返り「今日、わが国の経済や社会は大きな課題に直面しています。国民の英知と努力によってこれらの困難が克服されることを望みます」と述べられた。

同日は宮内庁庁舎前で一般参賀が行われ、午後4時すぎまでの終了時までに約8500人が記帳した。各地の郵便局では記念切手を発売、金融機関では記念の500円白銅貨の引き換えも始まった。式典や日の丸、君が代に反対する集会やデモが東京都内の各地であり、計約500人が参加して「奉祝ムード強調は危険だ」などと訴えた。《共同通信》




【オリックス・星野伸之投手】阪神入りに前向き

フリーエージェント(FA)宣言をしているオリックスの星野伸之投手(33)は12日、大阪市内のホテルで阪神との交渉に臨み、入団へ前向きな姿勢を示した。

星野はオリックスも含めて阪神が初の交渉相手。午後2時から約2時間の交渉では、野村監督と野球談義で盛り上がったという。最終的な回答の日時は未定だが、星野は「すごく高い評価をしていただいた。(条件面も)想像していたより、かなりいいものを出してもらった」と上気した表情で話した。《共同通信》

11月12日/のできごと