平成3960日目

1999/11/11

【マルス】11年11月11日11時11分ごろJRの指定券発券システムがダウン

11日午前11時10分すぎ、JR各社が使用する座席予約システム(マルス)のコンピューターがダウンし、全国各駅の端末で指定券の発行が一時できなくなった。約20分後に予備機に切り替えて復旧した。

JR東日本などによると、各駅で利用客に指定券を車内で購入するよう案内をしたため、大きな混乱はなかったという。

コンピューターは東京都国分寺市にあるJRグループの関連会社「鉄道情報システム」が管理しており、同社で原因を調べている。この日は数字の1が並ぶ特別の日だったが、鉄道情報システムでは「2000年問題などとの関連は薄いのではないか」と話している。《共同通信》




【千葉・成田市】ホテル客室にミイラ化した遺体

11日午後10時45分ごろ、千葉県成田市のホテルの客室で、男性が死亡しているのをホテルから通報を受けた成田署員が発見した。部屋には年配の女性と若い男性の2人がいて、成田署員が遺体を調べようとすると「まだ死んでいない。治療中だ」などと言い、女性は「遺体は私の夫」と話していると言う。

調べによると、男性は60ー70歳。浴衣を着てベッドに寝た状態で毛布を掛けられていた。遺体に目立った外傷はないが、手や足、顔などがひからびてミイラ化しており、死後かなり経過していた。《共同通信》

【自由党・小沢一郎党首】「政治家、政党は選挙が最大の前提だ」

小渕恵三首相は、表面化した自民、自由合流の動きに対し、当面は森喜朗幹事長を中心とした党執行部の調整を見守る意向だ。だが自由党の小沢一郎党首らが連立離脱を全面に押し出せば衆院解散・総選挙を断行することも検討、自由党側をけん制している。

これに対し小沢党首は11日午後、自由党本部で記者会見し合流問題に関連して「政治家、政党は選挙が最大の前提だ。自由党にとって選挙をいかに戦った方が有利か、トータルで判断しないといけない」と指摘。次期総選挙で勝てる体制づくりを主眼に、合流か連立離脱かを最終判断する姿勢を示した。《共同通信》

11月11日/のできごと