平成3959日目

平成11年11月10日(水)

1999/11/10

【第146回国会】初の党首討論

国会を、本来の「政治家同士の討論の場」に変えようと導入された党首討論会(クエスチョンタイム)が10日、初めて行われた。官僚が閣僚に代わって答弁する政府委員制度の廃止などと並ぶ国会改革の柱で、小渕恵三首相が野党3党の党首と議論したが、時間はわずかに40分。首相が自らの考えを披露する場面もなかった。さらに小会派は事実上排除されるなど、問題点も浮き彫りにされ、試行錯誤のスタートとなった。《共同通信》

鳩山由紀夫氏「今日総理は朝、何を召し上がったでしょうか。私は今朝はピザを食べてまいりました。特に、温かい、非常に熱いピザを美味しくいただいてまいりました。総理にまず、これは官僚の皆様方に助けはいらない話でございますから、何を召し上がったか、お尋ねをしたい」

小渕恵三首相「いつものとおり日本食の食事をいたしてまいりました。温かいピザを食べられたということでありますが、アメリカのオルブライト国務長官から以前、冷たいピザもまた美味しいと言われたことがあります」




【宇多田ヒカルさん】シングル「Addicted To You」発売

11月10日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

【プロ野球】10選手がFA

プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手が10日、コミッショナー事務局から公示された。今季終了時点での有資格者は62人だったが、結局10人がFA宣言した。

ダイエーを初の日本一に導き、パ・リーグの最優秀選手に輝いた工藤公康投手や横浜の佐々木主浩投手、広島の江藤智内野手、オリックスの星野伸之投手らの大物選手が含まれている。横浜の石井琢朗内野手、中根仁外野手、阪神の伊藤敦規投手は残留合意が公示された。《共同通信》

11月10日のできごと