平成3936日目

1999/10/18

【カルロス・ゴーン日産COO】工場閉鎖と21000人の削減計画を発表

日産自動車のカルロス・ゴーン最高執行責任者(COO)は18日、都内で会見し、乗用車「スカイライン」を生産する主力拠点の村山工場(東京都)、系列の日産車体京都工場などを2001年3月までに事実上閉鎖すると発表した。

世界中のグループ全体で14万8000人の従業員のうち、約14%にあたる2万1000人を削減する。部品などの調達先を半減し、ルノーとの部品の共同調達による原価低減などでコストを1兆円圧縮する。

いずれも2002年度末までの再生計画「リバイバルプラン」に盛り込んだ。資本提携によりフランスの大手自動車メーカー、ルノーの傘下となった日産は、ゴーン氏の強力な指導の下で大幅にスリム化し、生き残りを目指す。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【小渕恵三首相】補正予算は11月末に提出

10月18日のできごと(何の日)【小渕恵三首相】補正予算は11月末に提出
https://www.kantei.go.jp/

小渕恵三首相は18日午後、中小企業視察のため訪れた大阪市で、横山ノック大阪府知事らと会談し、次期臨時国会に提出予定の1999年度第二次補正予算案について「11月末ごろまでに編成し、国会に臨みたい」と述べ、国会提出は11月末になるとの見通しを明らかにした。

また首相は臨時国会に日程について「(召集は)今月末か来月早々と思っている。12月半ばごろまでの国会となる」と述べた。《共同通信》

【埼玉県桶川市】上越新幹線高架橋からコンクリ片落下

JR東日本は18日、埼玉県桶川市の上越新幹線で、高架橋から重さ約700グラムのコンクリート片が落下しているのが見つかったと、発表した。コンクリート片は長さ約22センチ、幅約17センチ、厚さ約2センチ。橋脚からはがれ、道路に落ちており、近所の人が17日午後4時5分ごろ発見、通報した。通報では詳しい場所が分からず、17日午後10時ごろ、職員が確認した。JR東日本によると、けが人はなく、橋脚自体の強度にも問題はないという。

同社の調べでは、コンクリートは橋脚が外側に張り出した部分からはがれていた。設計上は厚さ7センチとなっており、厚さが足りなかったため、微細な亀裂から水分が入り鉄筋が腐食、膨張してはく落したらしい。同社は施工に問題があったとみている。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、ア・リーグ優勝決定戦(7回戦制)第5戦は18日(日本時間19日)、ボストンのフェンウェイ・パークで行われ、昨季のワールドシリーズ王者のヤンキース(東地区)がレッドソックス(ワイルドカード)を6−1で下し、対戦成績4勝1敗で2年連続36度目のリーグ優勝を果たした。《共同通信》

【民主党ニュース】

責任の所在を明らかにせよ 科技庁長官に申し入れ=松沢ネクスト大臣

民主党のネクストキャビネットの松沢成文教育・科学技術担当ネクスト大臣は18日、文部省に中曽根弘文科学技術庁長官を訪ね、東海村原子力燃料施設事故に関する申し入れを行った。

松沢議員は、「今回の事故は一企業の責任にとどまらず、それよりも大きな責任は政府にある」として、(1)臨界事故が起こり得ないことを前提としたJCO施設の設置許可をした科学技術庁の判断の誤り(2)政府対策本部の設置が大幅に遅れた総理以下政府の事態への認識の甘さ(3)科技庁による検査が7年間も行われず長期にわたる違法作業を見逃した責任(4)安全審査が形式的な書類確認だけになっていたこれまでの原子力安全委員会のあり方と責任――の4点の責任の所在を明らかにするよう申し入れた。

これに対し、中曽根長官は「今回の事故は本当に残念だ。まず事故の処理を最優先し、現地の状況をできるだけ早く元の状態に戻すことが大切だ」などと答えた。



10月18日 その日のできごと(何の日)