1999 平成11年9月24日(金)のできごと(何の日)

平成3912日目

1999/09/24

【熊本・不知火町】高潮で12人死亡

台風18号による高潮で24日、お年寄りや小学生ら12人が死亡した熊本県不知火町の松合地区。満潮と重なった午前7時半ごろ、高潮が高さ約5メートルの堤防を越え、海岸沿いの民家が2階まで水浸しになった。避難した男性は「2メートルを超す波が押し寄せ、2階に逃げた」と恐怖がさめやらぬ様子。同地区では室内がむき出しになった家や、横転した自動車が点在しているという。

酒店の経営者(48)は「未明から家族5人で農業センターに避難していたら、海沿いの家があっという間に波にのまれるのが見えた。店に一度戻ってみたが、何もかも泥につかって地獄のようだった」と衝撃を受けていた。《福井新聞》




【フジテレビ・料理の鉄人】最終回

【トヨタ・クラウン】フルモデルチェンジ

TO_S057_F001_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【台風18号】厳島神社に被害

台風18号の風雨で24日午前10時ごろ、世界文化遺産に指定されている広島県宮島町の厳島神社の国宝、社殿の門客神社が崩壊し、回廊などの床板が流されるなどの被害が出た。当面、拝観は中止される。

厳島神社社務所などによると、約2メートル四方で檜皮ぶきの左門客神社と灯ろう1基が、強風で平舞台側に倒壊した。また、高潮のため回廊全体や需要文化財の能舞台などが水没したほか、海水につかった拝殿の床板などが流されるなどした。

営業担当の同神社工務所の竹本直秀技手は「修復までどれくらい時間がかかるか、想像もつかない」と述べ神職らと朱塗りの建材が散乱した社殿の後片付けに追われた。

【小渕恵三首相】3役人事の本拡調整を開始

小渕恵三首相は24日、自自公連立政権発足に向けて自民党役員人事と内閣改造の本格調整を開始した。焦点の内閣官房長官については、退任の決まった野中広務氏の公認に青木幹雄自民党参院幹事長(小渕派)を起用する方針を固め、最終調整を進めた。幹事長には自自公路線を推進した森喜朗氏の続投が固まった。

首相は24日に自由党の小沢一郎党首、26日には公明党の神崎武法代表とそれぞれ会談し、連立政権を来月1日にも発足させたいとして協力を要請、改造人事の基本方針についても協議する。《福井新聞》

9月24日/のできごと

シェアする

フォローする