平成3881日目

1999/08/24

【民主党代表選】菅直人代表が立候補を表明

民主党の菅直人代表は24日午後、憲政記念館で記者会見し、9月25日に投開票される党代表選への立候補を正式に表明した。菅氏は「次期総選挙は首相選びの決勝戦、代表選挙はその準決勝」と位置付け「未熟だが渾身の力を振り絞って首相候補にふさわしいかどうか、国民、党員の皆さんに問うていきたい」と党代表3選に決意を示した。《共同通信》

民主党の菅直人代表は24日夕、憲政記念館で記者会見し、9月25日に投開票される党代表選挙への立候補を正式に表明した。

菅代表は「次期総選挙は国民が自分の手で首相を選ぶ決勝戦。党代表選はその準決勝」と位置づけた上で、「未熟だが渾身の力を振り絞って、首相候補にふさわしいかどうか、国民、党員の皆さんに問うていきたい」と立候補の決意を強調した。また、これまでの党運営について、菅代表は「野党第1党という立場を習熟できず、野党全体をリードして一つの方向に持っていくことができなかった」と反省の弁を述べた。《民主党ニュース》



【サッカー・三浦知良選手】京都移籍が決定

サッカーの元日本代表MF三浦知良選手(32)=クロアチア・ザグレブ所属=のJリーグ1部(J1)京都サンガ移籍が24日、決まった。三浦選手と京都サイドの移籍交渉は22日に既に条件面で基本合意に達しており、24日に京都市内で正式契約。

同日午後、獲得を熱望していた京都の加茂周監督と並んで記者会見した三浦は「新しいクラブも決まり、後は戦うだけ。誇りを持って一日一日頑張る」と新天地での抱負を語った。《共同通信》

【薬害根絶・誓いの碑】建立

薬害エイズなどを発生させた国の責任を明らかにし、二度と悲惨な薬害を起こさぬ証として、厚生省に対しHIV訴訟原告団などが設置を求めていた「薬害根絶・誓いの碑」が24日、厚生省前に建立された。

同日夜、弁護士会館で開かれた報告集会で菅代表が挨拶し、「川田龍平さんとのNHKの対談で、郡司元課長が『また起きますよ』と発言したのを聞いて、居ても立ってもいられない気持ちになった。この碑の建立をスタートとして、薬事行政システムの根本的改革をしなければならない」と述べた。集会には厚生省との交渉にあたった家西悟衆議院議員や枝野幸男、山本孝史各衆議院議員も参加した。《民主党ニュース》

【民主党】「新・民主主義」を提唱

民主党の政権政策委員会(座長=中野寛成政調会長)は24日「『最良の国』日本の創造」と題した政権政策をまとめ、菅直人代表に答申した。

A4版で70ページ以上になる網羅的な政策で、今年1月から同委員会が検討作業を続けてきた。次期衆院選の公約となる政策のたたき台ともいえる内容で、「政調の部会などの手続きを経たものではないので、これから党内でも大激論になるだろう。党内に向かっても挑戦的な内容になっている」と中野座長は話している。

政権政策は基本理念として、(1)世界の国々や人々から尊敬され、国民の多くがこの国に誇りを持つことができる、品位と活気のある「最良の国」をめざす(2)当面する「経済再生」だけでなく、国民の不安のもととなっている社会基盤の揺らぎとモラルの荒廃を解消するため「社会の再生」に挑戦する(3)政府にすべてを依存する「受益者民主主義」を脱却し、国民が主役となって参画し責任を負う「新・民主主義」を達成する――を掲げた。

また、5つの挑戦課題として、(1)国のかたちを現在の中央集権型から「分権連邦国家」へと転換し、国の役割を限定し、地域に身近な政府をつくり出す(2)現在の文部省を解体し、学校経営や教育をコミュニティに取り戻すなど、社会の未来を決定づける「学校改革」を断行する(3)社会の基本的モラルを確立するという前提に立ち、犯罪には厳しく臨み、「ルール重視の公正な社会」を実現する(4)少子高齢化社会に備えて、介護や育児の社会基盤の確立=社会化を最優先で進める(5)雇用の開発と平等な雇用機会の保障は社会の責任であり、政府の基本的任務でもあるとの考えに立ち、多様な就業形態の仕事が公平な条件で確保できる「新しい完全雇用」をめざす――を唱えている。さらに、「未来への投資」としての情報通信基盤の整備、電子政府の実現、高速道路網の重点整備と低料金化など、21世紀初頭に向けて戦略的に取り組むべき課題を提案している。《民主党ニュース》



8月24日のできごと