平成3869日目

1999/08/12

【通信傍受法・改正住民台帳法】成立

捜査機関の通信傍受を合法化する組織犯罪対策3法と、国民すべてに10けたの番号をつける改正住民基本台帳法は徹夜審議となった12日午後の参院本会議で、自民、自由、公明などの賛成多数で可決、成立した。

これらの法律は国民生活や人権に密接に関わるため、法曹界や市民団体を巻き込んで大きな議論を呼び、民主、共産、社民3党は牛歩戦術などで激しく抵抗したが、自自公3党に押し切られた。《共同通信》

捜査機関の通信傍受を合法化する組織犯罪対策3法は、野党の抵抗で徹夜審議となった12日午後の参院本会議で、自民、自由、公明3党などの賛成多数で可決、成立した。賛成142票、反対99票だった。自自公3党は、住民基本台帳法改正案についても、参院地方行政・警察委員長の中間報告によって同日中の採決、成立を目指している。

民主、共産、社民3党は、小渕恵三首相の問責決議案、斎藤十朗議長の不信任決議案などを相次いで共同提出、牛歩戦術で採決引き延ばしを図ったが、自自公3党は3法案の審議優先動議を提出して対抗、同法は13日の会期末を目前に成立した。

法案の本会議採決をめぐり与野党が徹夜の攻防を繰り広げたのは平成4年6月の国連平和維持活動(PKO)協力法以来7年ぶり。

成立したのは「通信傍受法」「組織的な犯罪の処罰・犯罪収益の規制法」「改正刑事訴訟法」の3法。

与野党対決の焦点となった通信傍受法は、対象犯罪を薬物、銃器、集団密就、組織的殺人の四類型に限定。携帯を含む電話、ファクス、コンビューター通信などの電気通信が対象となる。「犯罪の高度の嫌疑」などを要件に、地裁裁判官の発付する令状に基づき実施。NTT社員などの常時ち会いの下で傍受し、傍受記録にのった当事者には事後通知される。

このほか3法は、組織的な犯罪に関する刑の加重、マネーロンダリング(資金洗浄)処罰の拡大、犯罪収益などの疑わしい取引について金融機関の届け出制度新設などが主な内容となっている。《共同通信》

捜査機関の通信傍受を合法化する組織犯罪対策3法と、国民すべてに10けたの番号を付ける改正住民基本台帳法は徹夜審議となった12日午後の参院本会議で、自民、自由、公明3党などの費成多数で可決、成立した。

これらの法律は国民生活や人権に密接にかかわるため法曹界や市民団体を巻き込んで大きな論議を呼び、民主、共産、社民3党は牛歩戦術などで激しく抵抗したが、自自公3党に押し切られた。今後は個人のプライバシー保護をどう担保するかが大きな課題となる。13日の会期切れ目前に今国会の重要法案はすべて与党ペースで成立、自自公与党体制の「数の力」を実証する結果となった。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【定数削減法案】自自公、継続審議で一致

衆院比例代表定数50削減法案の扱いをめぐり自民、自由、公明3党は12日、幹事長会談や国体委員長会談を断続的に行い、13日の会期末を控えて大詰めの調整を続けた。

この結果、3党は(1)同法案は継続審議とする(2)衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で定数削減問題に関して決議する、との点で大筋一致した。ただ、自由党は採決しない場合でも決議の中で、今後の法案審議、採決が何らかの形で確約されることを求めており、自由党の連立離脱回避に向けて3党間でぎりぎりの駆け引きが続いている。

13日朝、あらためて3党国対委員長会談などを開くが、最終的には同日の小渕恵三首相と小沢一郎党首との会談で決着が図られる見通しだ。《共同通信》

【プロ野球・阪神】監督批判のダレル・メイ投手を処分

阪神は12日、野村監督を批判する文書を公表し、退団を申し入れていたダレル・メイ投手(27)に対する処分を発表、同投手の退団が決まった。処分は①契約期間である11月末日までの謹慎②年俸の20%相当の罰金の2点。形式上は阪神に籍を置き続けることになるが、日本滞在は義務付けられておらず、事実上の退団と言える。《共同通信》

【第81回全国高校球選手権大会】第5日

第81回全国高校球選手権大会第5日は12日、甲子園球場で1回戦3試合と2回戦1試合を行い、2日延びた1回戦最後の試合、東邦(愛知)−滝川二(兵庫)は、滝川二が九回、6−5で今大会初めてサヨナラ勝ちした。春夏通じて、甲子園で兵庫県の勝利は4季ぶりになる。

2回戦最初の試合は、尽誠学園(香川)が一回に3点、四回には妹尾の3点本塁打で加点し、松商学園(長野)を6−3で下した。明徳義塾(高知)は初出場の栃木南(栃木)に9−1と大勝、長崎日大(長崎)は日大三(東京)を5−0で下し、それぞれ2回戦に進出した。《共同通信》

【ゴルバチョフ元ソ連大統領】ライサ夫人を看病

「ライサを失ったら、私はどうやって精神的、肉体的にそれを克服したらいいのか…」

12日のロシア公共テレビ(ORT)はドイツ紙の報道を引用、先月末から入院先のドイツで急性白血病で生死の境をさまようライサ夫人(67)の看護を続けるゴルバチョフ元ソ連大統領(68)の苦悩ぶりを伝えた。

ライサさんは7月25日、ドイツ北西部ミュンスターの大学病院に入院。付きっ切りで看病してきたゴルバチョフ氏のやつれた表情は隠しようもない。

一時はわずかながら病状の改善も伝えられたが、ORTによると、ライサさんは9回も医師を呼び出した日もあるという。

「私も限界にきているが、運命がわれわれを試しているのだと思う。まさに神の助けを祈る思いだ」。ゴルバチョフ氏はドイツ紙に悲痛な思いを吐露している。《共同通信》



8月12日 その日のできごと(何の日)