平成3783日目

平成11年5月18日(火)

1999/05/18

【児童買春禁止法】成立

金銭や物を与えて児童と性行為する買春や、児童ポルノの販売などを禁止する「児童買春、児童ポルノの行為処罰・児童保護法」(児童買春禁止法)が18日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。年内に施行される運びだ。

同法は18歳未満を児童と定義。「性的搾取や虐待という人権侵害から児童を守り、保護する」ことを最大の目標に掲げた。処罰対象となる犯罪行為は、被害者の告訴を必要としない非親告罪で、国外での犯罪にも適用。アジア各国での買春や、中高生を相手にした「援助交際」などが初めて法律の摘発対象となる。

日本が発信基地とされるインターネットを通じた児童ポルノにも捜査のメスが入る。《共同通信》



【長野県警】私文書偽造容疑でオウム施設を捜索

オウム真理教の出家信者(39)が長野県川上村の土地を購入する際、別人の名前を無断で使い、偽の契約書を提出したとして長野県警警備一課と臼田署は18日、私文書偽造、同行使の疑いで、この土地に建てた無人のプレハブ小屋2棟や東京、愛知、福島の4都県で信者の自宅など数カ所を家宅捜索した。

同日夜、この土地購入に関与したとして有印私文書偽造、同行使の疑いで、東京都内の会社経営の男(35)を逮捕した。同県警は男は信者ではないとみている。《共同通信》

【兵庫県警】阪神好調でダフ屋取り締まり強化を決定

兵庫県警甲子園署は18日、プロ野球阪神タイガースが好調のため甲子園球場周辺で多数のダフ屋が横行しているとして、21日の阪神ー巨人戦以降、私服刑事による取り締まり専従班を設置。警戒を強化することを決めた。

阪神が不調だったここ数年は、専従班は設置されておらず、好調の野村阪神がダフ屋の”営業”を活発化させ、警察まで動かした格好だ。《共同通信》

【小渕恵三首相】イスラエル新首相の手腕に期待

小渕恵三
https://www.kantei.go.jp/

小渕恵三首相は18日、イスラエルの首相公選で労働党のバラク党首が当選を決めたことについて「選挙の結果が中東和平のためになり、イスラエル国民の支持の下、大目標を達成していただくよう心から祈っている。新しい首相の手腕に期待を寄せている」と述べた。《共同通信》



5月18日のできごと