平成3529日目

1998/09/06

【黒澤明監督】死去

Embed from Getty Images

「羅生門」「生きる」「七人の侍」など、映画界にさん然と輝く名作を生み出した世界映画界の巨匠、文化勲章受章者の映画監督、黒澤明氏が6日午後0時45分、脳卒中のため東京都世田谷区の自宅で死去した。88歳。東京都出身。

10(明治43年)生まれ。旧制中学を卒業後、画家を志すが、36年にピー・シー・エル映画製作所(東宝の前身)に入社した。山本嘉次郎監督の助監督を経て、43年に「姿三四郎」で監督デビュー。痛快な娯楽性が高い評価を受け、同年「花咲く港」でデビューした木下恵介監督とともに、日本映画界のホープとして注目された。

戦後の48年、「酔いどれ天使」で三船敏郎を抜てき。以後、三船は黄金期の黒沢映画に欠かせない俳優となった。50年の「羅生門」は、翌年のベネチア国際映画祭でグランプリを獲得。日本映画の芸術性を初めて世界に知らせる記念碑的作品となった。《福井新聞》




【額賀福志郎防衛庁長官】「危機管理体制を整備」

額賀福志郎防衛庁長官は6日午前のNHK番組などで、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が発射した弾道ミサイルの太平洋上への着弾の公表が遅れたことに対して「もっと早く私自身が記者会見し、国民に公表すべきだった」と不手際を認めた。

その上で「情報処理の在り方、国会との関係などに関してきちんとしたマニュアルを作り、危機管理体制を整備したい」と述べた。《福井新聞》

【小渕恵三首相】金融再生「できるだけ早く」

小渕恵三首相は6日午後、日米蔵相会談でルービン財務長官が金融再生に向けて迅速な対応を日本側に求めたことについて「できるだけ早くやろうというのが政府の姿勢だ。全力を挙げるし努力していく」と述べた。

金融関連再生法の早期成立に重ねて決意を表明したものだ。首相公邸で記者団の質問に答えた。《福井新聞》

9月6日/のできごと