平成3515日目

1998/08/23

【WBCバンタム級タイトル戦】辰吉丈一郎選手、2度目の防衛に成功

世界ボクシング評議会(WBC)のトリプル世界タイトルマッチ各12回戦は23日、横浜アリーナで行われ、バンタム級チャンピオンの辰吉丈一郎(大阪帝拳)ー同級1位ポーリー・アヤラ(米国)は辰吉が6回終了、負傷判定で二度目の防衛を果たした。辰吉は6回、偶然のバッティングで右目付近を切って出血、試合続行不可能となったため、それまでの採点で勝敗を決める負傷判定となり、3人のジャッジが辰吉を支持した。《福井新聞》

【WBCライト級タイトル戦】坂本博之選手、戴冠ならず

ライト級のタイトルマッチは、挑戦者で同級1位の坂本博之(角海老宝石)が、チャンピオンのセサール・バサン(メキシコ)に0-3の判定で敗れ、二度目の世界挑戦に失敗した。《福井新聞》




【衆院補選】自民、民主は「1勝1敗」

小渕政権発足後初めての国政選挙となった衆院富山2区、石川1区の両補欠選挙は23日投票、即日開票され、富山2区で自民党公認の元県議宮腰光寛氏(47)が民主党などの推薦候補らを、石川1区で民主党公認の奥田健氏(39)=自由、平和、改革ク推薦=が自民党推薦候補らを、それぞれ破り初当選した。自民党と民主党が対決する形の今回の補選は「1勝1敗」に終わった。《福井新聞》

8月23日/のできごと