平成3408日目

1998/05/08

【橋本龍太郎首相】社民離脱「やむなし」

橋本龍太郎首相は8日夕、首相官邸で加藤紘一自民党幹事長と会談し、政治腐敗防止法問題で、これ以上社民党に譲歩しない方針を確認した。さらに同党が最終的に与党体制離脱を決断するのもやむを得ないとの認識で一致した。

会談で首相は、社民党の与党体制離脱が望ましくないとの考えを強調しながらも、社民党が政治腐敗防止法問題などを理由に離脱の方向で動いているとの見方を示した。

加藤氏は同日、伊藤茂社民党幹事長に電話し、離脱問題で来週早々に園田博之さきがけ幹事長も含めた与党3幹事長会談を開くよう提案。伊藤氏は「最終的には党首レベルで決めることだ」としながらも、基本的に幹事長会談を受け入れた。加藤氏としては与党体制にとどまるよう、なお働き掛ける方針だ。

首相は社民党の離脱問題について、これまで「党対党の話だ」として明確なコメントを避けていた。《共同通信》



【自民党】田中真紀子文教委員を解任

自民党は8日午前、スポーツ振興投票実施法案(サッカーくじ法案)に反対の姿勢を示している田中真紀子元科学技術庁長官に代えて遠藤利明氏を衆院文教委員会院とすることを同委員理事会に申請、了承された。

同日昼すぎの採決を前に委員から外された田中元長官は「クビになった」とぶぜんとした表情。「この日の議論でも問題が出ている。なぜ急いで採決するのか。こんなことでは政治不信を生むのは当然だ」と記者団に不満をぶつけた。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・「僕はカーネーションを赤と白に分ける発想が嫌いだった。子供のころ、すごく残酷だと思った」―。橋本龍太郎首相は8日、記者団から母の日の思い出を聞かれ、生後5カ月で実母と死別した生い立ちを踏まえ、母親のいない子供は白いカーネーションを胸に付ける習慣に傷付いたことを打ち明けた。さらに「母の日の質問には答えたくないんだ。母の日ができた時は、今の母と一番なじんでいない時だったから」と心情を吐露した。当初はしっくりいってなかった継母の正さんとの関係にも言及するなど、強気の首相にしては珍しく感傷的。

○…民主党の石井一国対委員長はこの日の記者会見で、日商の稲葉興作会頭が首相交代論を表明したことについて「財界首脳の方がまともな政治感覚だ」と絶賛。自民党執行部が橋本龍太郎首相の来年秋までの続投を言及し始めたことに対して「(経済運営で)責任は明らかなのに…。政治が機能していないと国民は思う」と厳しく批判した。だが、首相の責任問題を追及し切れないままの野党の力不足には最後まで触れずじまいだった。《共同通信》



5月8日のできごと