平成3255日目

平成9年12月6日(土)

1997/12/06

【安房トンネル】供用開始

岐阜・長野県境の通年通行を実現する中部縦貫自動車道安房トンネルの開通式は6日、岐阜県上宝村平湯で行われ、午後3時から一般供用が開始された。着工から17年、火山地帯を貫く「世紀の難工事」の末に完成したトンネルは、富山ー東京間を最短距離で結び、将来の石川ー首都圏4時間構想も前進させるとあって、式典では石川県関係者からも観光、物流など経済波及効果を期待する声が相次いだ。

中部縦貫道安房トンネルは全長4370メートルの安房トンネルと同383メートルの湯の平トンネルで構成する6300メートルの地域高規格道路で、長野県安曇村と岐阜県上宝村を結ぶ。総事業費は約860億円。岐阜ー長野間の国道158号安房峠越えの時間を従来の30分から5分に短縮し、積雪期も通行可能になった。《北國新聞》

【慶応大・高橋由伸外野手】巨人と仮契約

巨人がドラフト1位指名した慶大の高橋由伸外野手(22)=181センチ、79キロ、右投げ左打ち=の入団が6日、決まった。東京都内のホテルで末次利光スカウト部長が交渉し、契約金1億円、出来高払い契約金5000万円、年俸1300万円で仮契約を結んだ。背番号は24に決まった。

ことしのドラフト会議の目玉だった高橋は巨人を逆指名したこともあって、この日の話し合いは未定だった背番号に終始。高橋は会見で「空いている中から選んだ。今まで着けていた人の印象があるが、早く自分の番号にしたい」と話した。この後、別のホテルで長嶋茂雄監督とも対面し「技に磨きをかけ、高いレベルでやってもらいたい」と激励を受けた。《共同通信》

【ロシア】軍輸送機が住宅地に墜落

ロシア東シベリアのイルクーツクで6日午後2時45分ごろ、空軍輸送機アントノフ124が離陸直後に住宅地に墜落、炎上した。非常事態省やインタファクス通信などによると乗っていた23人全員が死亡したほか、住民約100人が死亡したもようで、乗員らと合わせ120人前後が犠牲になった恐れが強まっている。負傷者も多数出ている。現場からは23遺体が搬出された。

航空機の墜落で住民が巻き添えになった事故としては過去最大級の惨事となる可能性も出てきた。

同機は近郊の航空機生産工場内の飛行場から戦闘機スホイ27二機を積み込んでウラジオストクに向けて飛び立った後、25秒ほどで墜落。住宅地の建物に接触しながら、4階建てのアパートに激突、炎上した。アパートは全壊、入居していた64世帯、約200人をはじめ、付近住民の安否が気遣われている。《共同通信》

12月6日のできごと