1997 平成9年11月24日(月)

平成3243日目・振替休日

1997/11/24

【山一証券】自主廃業決定

11月24日は何の日 山一證券、自主廃業を決定

山一証券は24日早朝、臨時取締役会を開き、自主廃業を正式決定するとともに、大蔵省に、自主廃業に向けた営業休止届を提出した。

百年の歴史を誇る同社の経営は破たんし、負債総額約3兆5000億円に上る戦後最大の倒産に追い込まれた。これを受けて、日本銀行は臨時政策委員会を開き、顧客からの預かり資産の全額保護と信用秩序維持のため、日銀法25条に基づく無担保の特別融資(日銀特融)の実施を決めた。

大蔵省も同社に対し、新規業務などの一部業務停止命令を出した。三塚蔵相は記者会見で「投資家保護に万全を尽くす」と言明、山一証券の顧客の資産は全額保護されることを強調した。同時に蔵相は、三洋証券、北海道拓殖銀行など金融機関の破たんが続発していることから、金融システム安定に関する談話を発表するとともに、公的資金の活用を含めた対策の検討を初めて表明した。海外市場の懸念も強く、「日本発」の金融不安の拡大防止が橋本政権の大きな課題になってきた。《読売新聞》




【橋本龍太郎首相】「債務超過心配なし」

橋本首相は24日、カナダ・バンクーバーに向かう政府専用機の機中で同行記者団と懇談し、山一証券が自主廃業を決定したことで金融機関の破たん処理に公的資金を導入すべきだとの意見が与野党で高まっていることについて、「国民の間や国会、党においても真剣な議論がなされている。重大な関心を持って対応していかなければならない」と述べ、積極的に検討する考えを示した。

山一証券の問題については、「いわゆる飛ばしによる簿外の負債、そのほかすべてのものを合わせて(想定していなかった負債は)約3300億円、資産としては4300億円で、十分その中で処理できる」と述べ、債務超過を心配する必要はないことを強調した。《読売新聞》

11月24日/のできごと