平成3149日目

平成9年8月22日(金)

1997/08/22

【長野行新幹線・あさま】東京駅に初お目見え

10月に開業する長野行新幹線(北陸新幹線)「あさま」(8両編成)が22日午前0時すぎ、完成間近の東京駅新第5ホームに初お目見えした。出入りを繰り返しながら、ホームと車両との間隔や架線の状態、停止位置目標などの標識が運転席からきちんと見えるかなどを念入りにチェックする入線試験を行う。

長野行新幹線乗り入れに向け、東京駅では平成4年から、まず中央線高架にした上で各在来線のホームを一本ずつ横へ移動。東海道線用の旧第5ホームを新幹線に割り当て、改築工事を進めている。同駅では現在、東北、山形、秋田、上越の4新幹線が1ホーム2線を共用しているが、新ホームの運用が始まると5新幹線で2ホーム4線になり、運転間隔が大幅に緩和されるという。これに伴い、一日5本あった上野駅発着の新幹線は10月以降、すべて東京発着になる。《共同通信》



【中日・立浪和義内野手】サイクル安打達成

阪神5−10中日◇22日◇ナゴヤドーム

中日が逆転勝ちし、連敗を4で止めた。2点を追う六回、山崎が本塁打し、鳥越も逆転の2ラン。さらに立浪がサイクル安打となる適時三塁打を放つなど、打者9人の攻撃で6点を奪った。八回から登板した山田洋は3年目でプロ初勝利。阪神は5連敗。《読売新聞》

【松山ホステス殺人事件】通報者らに懸賞金

松山市のホステス殺害事件で、時効直前に逮捕された元ホステス福田和子被告(49)=強盗殺人罪で起訴=の情報に、刑事事件で初の懸賞金100万円をかけていた愛媛県警察協会は22日、逮捕した福井県警への通報者2人に50万円ずつを贈呈したと発表した。2人は福井県警に通報した自営業の男性(59)と、同被告の指紋がついたビール瓶を保管したおでん屋の女性経営者(55)。《福井新聞》

【中国・李鵬首相】梶山発言を批判

マレーシアを公式訪問中の李鵬中国首相は22日午前(日本時間同)クアラルンプール市内のホテルで講演し、「日米防衛協力のための指針」(ガイドライン)見直しに関連し、梶山静六官房長官が周辺有事には台湾海峡も含まれるとの趣旨の発言をしたことについて「中国はこれを絶対に容認できない」と批判した。

梶山氏の発言については、中国外務省高官らが同様の批判をしているが、中国指導者が批判したのは初めて。李鵬首相は「中国と日本の全般的関係は良好である」と述べ、中国は日本との「正常で友好的な」関係を発展させていく用意があると言明。梶山発言の影響が日中関係全体に及ばないようにする配慮も示した。

講演の質疑で、首相は発言を容認できない理由として「台湾が中国の分かつことのできない一部分であることは明白」と述べるとともに、発言が中国だけでなく東南アジア諸国にも不満なものだ、と指摘した。首相は日本との友好関係の継続を訴える一方で「中国は日本の少数の軍国主義分子の試みを厳重に警戒している」と語った。

講演で首相は東南アジア諸国連合(ASEAN)との協力強化を目指し、平等互恵の原則など5項目の指針を主張した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】「中国の懸念は承知」

橋本首相は22日、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)見直しに関連して、中国の李鵬首相が「周辺事態に台湾も含まれる」との梶山官房長官発言を「絶対に受け入れられない」と批判したことについて「あれはあれでおしまいだ。中国が日米関係やガイドライン見直しに懸念を持っていることは知っている。李鵬さんは中国の首相という立場であのようにおっしゃったと受け止めている」と述べた。首相公邸で記者団の質問に答えた。《読売新聞》



8月22日のできごと