1996 平成8年12月18日(水)

平成2902日目

平成8年12月18日(水)

1996/12/18

【在ペルー日本大使公邸占拠事件】カナダ大使ら解放

ペルーの日本大使公邸が極左ゲリラ、トゥパク・アマル革命運動の武装グループに占拠された事件で、ゲリラグループは18日夜、カナダ、ドイツ、ギリシャ各大使を解放、ペルー政府との交渉にあたらせた。要求文書を携えたビンセント・カナダ大使らは大統領府などで、ペルー政府の交渉担当、パレルモ教育相と人質解放をめぐり協議した後、19日未明再び大使公邸に戻り、政府見解をゲリラ側に伝えた。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】ペルー・フジモリ大統領と電話会談

橋本龍太郎首相は18日午後、ペルーの日本大使公邸占拠事件の発生を受け、フジモリ・ペルー大統領と電話で会談し「事件の報を聞き、日本国民も大変心配している。邦人を含め人質の安全確保に務めてほしい」と述べ、人質の安全と早期解放に向けた努力を強く要請した。同時に「大統領を全面的に信頼し、万全の取り組みが行われると確信している」と強調した。

これに対し、フジモリ大統領は「事件解決のため最善の努力をしたい」と早期解決の決意を表明。事件の状況について(1)公邸内の人質は約200人(2)女性や老人の人質はほとんど解放された(3)犯人グループは十数人とみられる–と説明した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】常任理事国に意欲

日本の国連加盟40周年となった18日午前、都内の国連大学で外務省、日本国連協会主催の記念式典が行われ、皇太子ご夫妻、橋本龍太郎首相らが来賓として出席した。橋本首相はあいさつで日本の安保理常任理事国入りについて「憲法が禁ずる武力行使は行わないという基本的な考えの下で、常任理事国として責任を果たす用意がある」との意欲をあらためて表明した。《共同通信》

12月18日のできごと