1996 平成8年12月6日(金)

平成2890日目

平成8年12月6日(金)

1996/12/06

【蒲原沢土石流災害】長野県小谷村

長野県警や建設省松本砂防工事事務所に入った連絡によると、6日午前10時40分ごろ、長野県小谷村北小谷の国道148号線湯原トンネル付近の蒲原川の堰堤工事で土石流が発生。工事中の作業員15人が流され、4人が救助され救急車で運ばれたが11人が行方不明になった。また、約1キロ上流でも鉄砲水が発生、工事作業中の1人が救出されたが重体、3人が行方不明となった。

また、橋が流され、2つの現場の対岸には27人の作業員が取り残され、戻れなくなっているという。現場にはヘリコプターなどが出動、長野、新潟両県警とともに救出作業をしている。

長野県警大町署や建設省砂防課によると、現場は新潟県境にある蒲原川の国境橋付近で、作業は約50人が、昨年梅雨前線による豪雨で被害を受けた個所の復旧作業をしていた。蒲原沢の上流が雪塊でせき止められ、たまった水が鉄砲水のように一気に流出、長さ100メートル、高さ20メートルにわたる土砂を巻き込んで土石流になったらしい。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】公務員倫理法に意欲

橋本龍太郎首相は6日午前の衆院予算委員会で、厚生省汚職事件に絡み、公務員の行動規範を法律で規定する「公務員倫理法」制定について「さまざまな事態が発覚する中、制定の必要性のあるなしを含めて検討しなくてはいけないとの思いだ」と述べ、岡光序治前厚生事務次官に逮捕を受けて法制化に積極的な姿勢を示した。

首相は先の衆参代表質問の答弁では、現在総務庁が策定中の新たな綱紀粛正策の内容を踏まえた上で必要性を判断するとの慎重姿勢を示していた。また政府審議会の議事録公開について「問題は委員ではなく、事務局の姿勢にある。公開できるよう努力したい」と述べた。《共同通信》

12月6日のできごと