1996 平成8年8月26日(月)のできごと(何の日)

平成2788日目

1996/08/26

【ソウル地裁】全斗煥元大統領に死刑判決

韓国で起きた1979年の粛軍クーデターや1980年の光州事件で、反乱、内乱罪などに問われた全斗煥元大統領、盧泰愚前大統領ら16被告に対する判決公判が26日午前、ソウル地裁で開かれ、金栄一裁判長は全元大統領に死刑(求刑死刑)、盧前大統領に懲役22年6月(同無期懲役)の判決を言い渡した。残り13被告は懲役10ー4年、1人は無罪とした。

全斗煥政権の成立過程に対する初の司法判断となった判決は、粛軍クーデターを「反乱」、光州事件を「内乱」とそれぞれ認定。ほぼ起訴事実に沿って「成功したクーデター」を断罪し、金泳三政権の「歴史の正しい立て直し」政策を追認する形となった。《共同通信》




【マツダ・デミオ】発売

MA_S014_F001_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【WBCフライ級タイトル戦】勇利アルバチャコフ選手、9度目の防衛成功

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ、チャンピオンの勇利アルバチャコフ(ロシア=協栄)ー挑戦者渡久地隆人(十番TY)12回戦は26日、東京・両国国技館で行われ、勇利が9回1分29秒、TKOで勝ち、9度目の防衛に成功した。勇利はデビューから23連勝(16KO)と不敗を続けている。《福井新聞》

【橋本龍太郎首相】ブラジル大統領と会談

橋本龍太郎首相は26日午前、カルドゾ・ブラジル大統領とブラジリアで会談した。

昨年の修好100周年を踏まえて両国関係の一層の関係発展を確認するとともに、大統領の招請を受けて天皇、皇后両陛下のブラジル訪問が来年前半に内定したことを正式に伝える。

また国連改革の具体策として両国が連携して9月の国連総会で安全保障理事会の拡大に取り組む方針を確認。首相はブラジルを含めた途上国の安保常任理事国入りに理解を示すと同時に、日本の常任理事国入りについても支援を要請する。《共同通信》

8月26日/のできごと

シェアする

フォローする