平成2723日目

平成8年6月22日(土)

1996/06/22

【 JR長野駅】新駅舎開業

善光寺の玄関口として60年にわたり親しまれてきた長野市のJR長野駅の仏閣型駅舎が、来年秋の北陸新幹線の開業に伴う駅整備で役目を終え、22日新駅舎にバトンタッチした。

駅舎は1936(昭和11)年の建築。屋根は銅板ぶきで、善光寺本堂を模した和風の重厚な建物。しかし、駅周辺開発の一環として2年前に駅舎新築が決まった。旧駅舎は24日から取り壊しの準備作業に入る。《共同通信》



【Jリーグカップ】第7日

Jリーグカップ第7日(22日・日本平運動公園球技場ほか=8試合)B組トップの清水エスパルスが永井の2得点でセレッソ大阪を2−1と下し、5勝2分けで開幕から負けがない。

B組はこのほか、清水とともに勝ち点9のジェフ市原がヴェルディ川崎に0−2で敗れた。名古屋グランパスは鹿島アントラーズに敗れ、依然勝ち星なし。A組は首位のサンフレッチェ広島が柏レイソルを2−1で破った。《共同通信》

【新進党・細川護熙元首相】改革条件に小沢氏支持

新進党の細川護熙元首相は、22日午後、鳥取市内で講演し、小沢一郎党首、羽田孜元首相との20日の会談に関連して「改革を本気でやろうということなら、とことん小沢氏の下で一緒にやっていく」と述べ、改革路線の推進を条件に小沢執行部を支える考えを強調した。

同時に「新進党としてそういうことができない状況が来るなら、その時は腹を切って考えなければならない」と述べ、行政改革に対する取り組みが不十分と判断すれば、新進党の枠にとどまらない政治行動をとる可能性も示唆した。《共同通信》

【新党さきがけ・菅直人厚相】新党は政策提示必要

新党さきがけの菅直人厚相は22日、東京都八王子市での街頭演説と講演で、「鳩山新党」問題について「鳩山由紀夫代表幹事が(新党結成を)やれというならやるが、どういう政策かを提示しなければならない。本当の意味で制度や行政を変えるグループができるかどうかが問題だ」と述べ、明確な理念が必要との考えを強調した。《共同通信》

【社民党・村山富市党首】新党は社民党主導

社民党は22日午後、党本部で全国幹事長会議を開き新党問題と次期総選挙への対応について協議、村山富市党首は「これからは社民党が前に出て理念、政策を打ち出す」と、社民党主導の新党づくりに全力を挙げえ強調した。

会議は、さきがけとの新党結成が難しくなった状況を踏まえ、社民党単独での総選挙となることも念頭に①党の主張を明確にし社民党らしさの確立に努める②党の政策を訴え、総選挙態勢確立に全力を尽くす−など、主体性強化を図ることを確認。同時に北海道などでの地域政党結成の取り組みを支えながら全国的結集のタイミングを計る、とした幹事長報告も了承した。

村山党首は締めくくりのあいさつで、鳩山由紀夫さきがけ代表幹事が個人の判断による新党結集を呼び掛けていることに対し「社民党は全体としてまとまって政治結集に取り組む」と反論。「今までは遠慮してきたが、これからは社民党が前に出て理念、政策をしっかり出し、その旗の下に結集を呼び掛け(党の)存在を明らかにしていく」と述べ、社民党が主導するとの意向を鮮明に打ち出した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】韓国・金泳三大統領と会談

橋本龍太郎首相は22日夜、韓国済州島のホテルで金泳三大統領と夕食を共にしながら会談し、東アジアの安定に向けて①朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)への欧州各国の積極参加が必要②中国の孤立化を回避③米国のプレゼンスは重要、の認識で一致した。

金大統領はサッカー2002年ワールドカップ(W杯)の日韓共催決定を歓迎、「過去の歴史の桎梏を抜け出し、未来を志向しながら発展する関係を築くよう期待する」と述べ、W杯成功を期して日韓の未来志向の関係構築を強調、日韓青少年交流と文化交流の拡大も強調した。

大統領は「互いにけん制し合った欧州が今日、協力関係をつくったことをかがみとしなければならない」と表明。首相は「幅広い問題について、忌憚のない意見を交わして平和と安定、友好の一ページを記したい」と応じた。

首相は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)情勢に関連し「KEDOをめぐって米朝がさまざまな合意をしたことは朝鮮半島の安定に重要だった。(北朝鮮の核疑惑解消を目指して)着実な実施が必要だ」と述べ、大統領も同意した。

夕食会後も両首脳は2人だけで約1時間会談、信頼関係の醸成を図った。首相は23日午前、金大統領とあらためて会談する。《共同通信》



6月22日のできごと