1996 平成8年5月4日(土)

平成2674日目

平成8年5月4日(土)国民の休日

1996/05/04

【竹下登元首相】新進党・小沢一郎党首と会談

自民党の竹下登元首相と小沢一郎新進党党首が4日夜、滞在先の北京の釣魚台(迎賓館)で1時間あまりにわたって会談した。政治家の出処進退や最近の中国事情、中選挙区制度や故金丸信・元自民党総裁のゴルフの思い出話などに終始、当面の国内政局は話題にならなかったとされる。

しかし両氏は3月28日に死去した金丸氏の通夜で顔を合わせているものの、公に会談するのは平成4年秋の竹下派分裂以来、初めて。両氏の会談は「保・保連合」論とも関連して今後、政界に波紋を広げそうだ。

竹下氏が今回の訪中に触れて「中国への自分の責任を果たしたことになる」と発言。また政治家の進退に関連して「自分は(年齢が衆院議員の)上から三十数番目だ」と述べた。小沢氏は「辞めるようなことを言っても死ぬまで辞めないのだろう」と発言。竹下氏は「勤続50年だと84歳になるが、そこまでは」と応じた。

また竹下氏が「中国では水を飲む時、井戸を掘った人を忘れるなという話をするが、井戸を掘った人はほとんどいなくなった」、小沢氏が「自分も歳をとった」など、故田中角栄元首相らを念頭に述懐する場面もあったという。

会談は小沢氏側からの申し入れで小沢氏が竹下氏の宿舎を訪問する形で行われ、両氏に同行している自民党の青木幹雄参院議員、新進党の岡田克也衆院議員(いずれも旧竹下派)が同席した。《共同通信》



【Jリーグ】第12節

Jリーグ第12節(4日・国立競技場ほか=8試合)横浜フリューゲルスが前園の2ゴールなどで名古屋グランパスを3−2で下し、10勝一番乗り(2敗=勝ち点30)。前節返り咲いた位守った。

ジュビロ磐田は1−0でサンフレッチェ広島を振り切り、鹿島アントラーズと入れ代わり2位浮上。鹿島は激しい点の取り合いの末、ジェフ市原に2−3で敗れた。柏レイソルは、エジウソンのリーグタイ記録、5得点の大暴れでガンバ大阪に7−1で大勝。セレッソ大阪は延長の末、ヴェルディ川崎を下して4連勝した。京都サンガは横浜マリノスに敗れ、更新中のリーグ最多連敗記録は12となった。《共同通信》



5月4日のできごと