平成2373日目

平成7年7月8日(土)

1995/07/08

【中国】米国籍の人権活動家を逮捕

中国湖北省武漢市の公安当局は8日、中国に入国しようとして先月身柄を拘束された米国籍の中国系人権活動家ハリー・ウー(中国名、呉弘達)氏(58)を逮捕した。新華社電が報じた。国家機密を非合法に入手したスパイ行為などを逮捕容疑として挙げている。米政府はこれまで、ウー氏の拘束に厳重抗議しており、李登輝・台湾総統の訪米で悪化している米中関係はウー氏の逮捕で人権絡みの新たな火種を抱えることになった。

ウー氏は6月19日、カザフスタンから中国新疆ウイグル自治区に入ろうとして、国境検問所で身柄を拘束された。米政府は北京の米大使館員による接触を認めない中国当局に外交ルートで公式に抗議していた。身柄拘束後、同氏の所在も不明だったが、8日の逮捕公表で、出国前の居住地だった武漢市に移送されていたことが判明した。

新華社電はウー氏が1991年6月以来「ピーター・ウー」「ハリー・ウー」などの別名を使って「外国人に未開放の地域や機関に潜入してスパイ行為を行い、機密情報を買い、機密文書を盗み、さらにそれらを国外に持ち出して外国の組織に提供した」と指摘している。

ウー氏が外国放送局の依頼を受けて、政治犯などを収容して強制労働させる「労働改造所」の実態や、処刑された囚人の臓器売買に関する報道番組に携わったことなどを指すとみられる。

米中関係は先月の李登輝総統訪米で急速に悪化し、中国は駐米大使召還などの厳しい報復措置をとっている。

ウー氏は政治犯として57年から19年間、労働改造所に送り込まれた。釈放後の85年に渡米、米国籍を取得した。《共同通信》



【テニス・ウィンブルドン選手権】シュテフィ・グラフ選手が6度目の優勝

Embed from Getty Images

テニスのウィンブルドン選手権第12日は8日、ウィンブルドン(英国)のオールインクランド・クラブで女子シングルス決勝を行い、第1シードのシュテフィ・クラフ(ドイツ)が第2シードのアランチャ・サンチェス(スペイン)に逆転勝ちして2年ぶり6度目の優勝を果たし、賞金32万八8000ポンド(約4590万円)を獲得した。

グラフの四大大会優勝は先月の全仏オープンに続いて通算17度目。サンチェスは今季、全豪、全仏の両オープンでも決勝に進みながら敗れており、四大大会の決勝3連敗となった。《共同通信》

【Jリーグ・サントリーシリーズ】第22節

Jリーグ・サントリーシリーズ第22節(8日・三ツ沢球技場ほか=7試合)横浜マリノスがセレッソ大阪を1−0で破り、連敗を「3」でストップ、勝ち点43(14勝8敗)で首位を守った。

ジェフ市原は横浜フリューゲルスを延長の末に3−2で退け、勝ち点42(13勝9敗)で2位キープ。ベルマーレ平塚が3−2で柏レイソルを下し、勝ち点40(13勝9敗)で3位に浮上した。鹿島アントラーズは名古グランパスに0−2で完敗、優勝争いから後退した。名古屋は7連勝。ジュビロ磐田は清水エスパルスを2−1、ヴェルディ川崎は1−0でガンバ大阪に勝った。川崎は8連勝。浦和レッズは延長でサンフレッチェ広島に競り勝ち、4連勝した。《共同通信》

【村山富市首相】水俣病未認定患者の救済を強調

村山首相は8日、参院選遊説のため訪れた新潟市内のホテルで、「新潟水俣病被害者の会」の南熊三郎会長らと懇談し、水俣病未認定患者の救済問題の早期解決に取り組む姿勢を強調した。

また、懇談後、記者団に対し、「第一義的な責任は企業にあるが、患者の苦悩を放置してきたことは、政府としてもはなはだ遺憾であるということは率直に申し上げたいと思っている」と述べ、近く正式に遺憾の意を表明する意向を明らかにした。《読売新聞》

【北朝鮮・錦繍山記念宮殿】開館

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の平壌放送によると、金日成主席死去1周年に当たる8日午前10時すぎから、金正日書記ら党と政府の幹部が出席して、金主席の遺体が保存されている「錦繍山記念宮殿」(旧錦繍山議事堂)の開館式が約50分にわたって行われた。

同放送は主席の遺体が同宮殿ホールにあると伝えた。北朝鮮は先月12日、遺体を永久に安置することを決定しており、開館式を経て公開されるとみられる。

金正日書記は「国防委員会委員長・朝鮮人民軍最高司令官」の肩書で出席し、宮殿前でテープカットをして開館を宣言した。開館式には労働者、農民ら数万人が「偉大な金日成首領は永遠にわれわれとともにいらっしゃる」などと書かれた横断幕を持って参加し、故金主席に黙とうをささげた。

朝鮮総連の韓徳銖議長や韓国の故文益煥牧師夫人の朴容吉さんら海外同胞も出席した。

崔光・人民軍総参謀長(労働党政治局員)が金正日書記の「委任」により、開館の辞を述べ「偉大な金正日同志にすべての運命を預け、一心団結して金正日同志だけを信じて進まなければならない。わが革命の領導者、金正日同志に固く団結し、主体偉業を達成しなければならない」と強調し、金正日書記のもとに団結することを訴えた。《共同通信》

7月8日のできごと