平成2265日目

平成7年3月22日(水)

1995/03/22

【警視庁】オウム真理教を強制捜査

東京都品川区の目黒公証役場事務局長Kさん(68)拉致事件で、警察庁捜査一課と大崎署は22日、逮捕監禁容疑で新興宗教団体オウム真理教に対する強制捜査に乗り出し、自衛隊や山梨県警などの応援を得て機動隊員ら約2500人を動員、山梨県上九一色村など3都県にある関連施設25カ所を一斉に捜索した。

この結果、上九一色村の第2サティアンと呼ばれる建物で、東京の地下鉄サリン殺傷事件の現場残留物から検出されたのと同じ、劇物のシアン化合物「アセトニトリル」とみられる不審な液体の入った500ccの瓶3、40本を発見、押収した。

捜査一課は内容物を詳しく官邸、地下鉄サリン事件との関連を調べる。上九一色村の施設周辺では昨年7月悪臭騒ぎがあり、サリンの残留物が検出されており、昨年6月の松本サリン事件との関連も追及する。

また第10サティアンで、Kさん拉致とは別の監禁の現行犯で信者4人を逮捕した。

オウム真理教は、平成2年の熊本県警による国土利用計画法違反事件と大阪大生拉致事件で強制捜査を受けたが、活動の最大拠点である上九一色村の施設が捜索されたのは初めて。

捜索は、迷彩服に防護マスクで身を固めた捜査員や機動隊員が有毒ガスの有無を調べながら慎重に行うという極めて異例の事態となった。

捜査一課が第10サティアンと呼ばれる建物を捜索したところ、2階の礼拝堂で信者約50人が横たわっているのが見つかった。診察した医師による栄養失調の症状という。

捜査一課は拉致に使った犯行車両が借り出されたレンタカー会社の書類に残された指紋から容疑者として同教団の信者を割り出しま捕状を用意し行方を追うとともに、Kさんの所在確認を急いでいる。

捜索を受けたのは、上九一色村の施設計11カ所のほか、静岡県富士宮市人穴の「総本部」など2カ所、東京都港区南青山の「東京総本部」、江東区亀戸の「新東京総本部道場」など都内12カ所の計25カ所。

調べによると、Kさんは2月28日午後4時半ごろ、勤務先の品川区上大崎の公証役場から帰宅途中、待ち伏せていた5、6人の男にワゴン車に連れ込まれ拉致された。

オウム真理教をめぐっては、今月19日に大阪市で起きた大阪大生拉致事件で信者ら3人が逮捕された。平成元年には、入信をめぐるトラブルで教団側と交渉していた横浜市の坂本弁護士一家が失跡する事件があり、弁護士宅から教団のバッジが見つかっている。

東京都品川区の目黒公証役場事務長Kさん(68)拉致事件で、警視庁捜査一課と大崎署は22日、オウム真理教への家宅捜索中に、山梨県上九一色村の教団施設の捜索でサリン生成に必要とされる数種類の薬品を発見、一部を押収した。警視庁は長野県松本市や東京の地下鉄でのサリン事件との関連が強まった、として薬品の鑑定を急ぐ。捜査は重大な局面を迎えた。また、施設内で意識不明の信者を発見、監視していた信者4人を逮捕監禁の現行犯で逮捕した。

逮捕者のうち3人は、東京都中野区の同教団付属医院の医師で、薬物を飲ませて監禁した疑いが濃く、警視庁は山梨県警と合同捜査本部を設置した。

警視庁はKさん事件の逮捕監禁容疑で逮捕状を取ったオウム真理教幹部M容疑者(29)を指名手配した。

この日の捜索で、上九一色村の施設から大量の薬品類を押収するとともに、コンテナに監禁されていたとして助けを求めた23歳の女性信者を保護。さらに静岡県富士宮市の教団総本部にあった同教団の麻原彰晃教祖の金庫から現金7億円と金塊約10キロ(時価約1100万円)を発見した。しかし、Kさんの行方は依然不明のまま。《共同通信》

警視庁が22日行ったオウム真理教関連施設に対する一斉捜索で、「イソプロピルアルコール」などサリンの原材料になる化学薬品が複数見つかった。ほかにも山梨県上九一色村や都内の教団施設からドラム缶や瓶入りの薬品類が次々運び出された。地下鉄サリン殺傷事件、松本サリン事件との関連は―。警視庁は押収した薬品の成分を分析し、用途の解明を急ぐ。

警視庁がサリンの原材料とともに注目している押収薬品は、500cc入りの瓶に入った劇物のシアン化合物「アセトニトリル」とみられる薬品三十数本。上九一色村の施設内から押収されたが、アセトニトリルは地下鉄サリン殺傷事件の際に現場から検出されている。

同村の施設からは、ほかに判明しているだけで「クロロホルム」「エタノール」などの薬品表示のある20リットル缶が約100個、「エチルエーテル」の缶計15個以上に加え、内容物不明の黄色液体入りの瓶も約10本発見された。

さらに、不調を訴えた信者が救急車で運ばれる騒ぎとなった礼拝堂からはドラム缶3本が運び出されたが、うち1本には、化学反応を起こすための溶剤として使用される毒性の強い「アセトン」の表示があった。東京でも、オウム真理教世田谷道場からは500ccのプラスチック容器入り「塩化アンモニア」4本も見つかっている。

山梨県上九一色村のオウム真理教施設への家宅捜査とは別に、警視庁は22日、甲府市内の民間倉庫を捜索し、オウム真理教が保管していたとされる約600本の200リットル入りドラム缶を押収、東京都立川市の警視庁多摩総合庁舎に運び込んでいたことが分かった。

内容物はナトリウム系の薬物の可能性があり、警視庁は鑑定を急ぐとともに、教団がここを“隠し倉庫”にしていたとみて、保管の目的や用途などについて関係者から詳しく事情を聴いている。

関係者らによると、倉庫は甲府市古上条町にあり、捜索は22日早朝から行われた。ドラム缶の量が大量だったため、運搬には警視庁の車両だけでなく、ニニ社の民間業者のトラックやトレーラーを使って夜遅くまで続けられた。付近住民らによると、ドラム缶は最近持ち込まれたものではなく、以前から保管されていたという。《共同通信》

オウム真理教 オウム(AUM)は「宇宙の創造、維持、破壊」が語源といわれ、ヨガなどの修行によりヒマラヤ山中で悟りを得て“最終解脱”したという麻原彰晃(本名・松本智津夫)氏が昭和62年に開いた。

静岡県富士宮市に総本部、東京都港区に東京総本部、山梨県上九一色村に総合的な施設がある。国内に19の支部があり、信者は公称約1万人。うち約1000人が出家者と呼ばれ、上九一色村の施設などで集団生活をしている。海外にもニューヨーク、モスクワなどに4つの支部を持つ。

ヒンズー教のシバ神を主神として「絶対自由、絶対幸福の状態に魂を進化させるため、麻原氏がさまざまな秘法を伝授し、解脱へ導く」とされる。《共同通信》



【平成7年度予算】成立

一般会計で総額約70兆9800億円に上る平成7年度予算が22日午後の参院本会議で与党の自民、社会両党などの賛成多数で可決、成立した。年度内成立は5年度以来2年ぶりで、戦後14回目だが、これまでの昭和27、31年度両予算の3月27日成立を5日間短縮する戦後最も早い成立日を記録した。

阪神大震災の発生で新進党など野党側も震災対策と併せ予算審議に協力したため異例の早期成立となった。

成立した7年度予算は一般会計規模で6年度当初予算比2.9%減の70兆9871億円と40年ぶりマイナスの超緊縮型。

一般歳出は3.1%増の42兆1417億円。減税の継続と公共事業費や社会福祉費の伸び率確保で福祉、景気に配慮する一方、歳出抑制のため防衛費を0.8555%増と35年ぶりの低い伸び率に抑制するなど村山政権としての独自色をにじませた。

歳入面では税収入を53兆7310億円見込んでいるほか、12兆5980億円の国債を発行する。《共同通信》

【村山富市首相】不戦決議実現に意欲

村山富市
https://www.kantei.go.jp/

村山首相は22日夕、1995年度予算成立を受けて首相官邸で記者団のインタビューに応じ、今国会での不戦決議実現に向けて重ねて積極姿勢を示した。95年度補正予算編成については、震災復興と円高対策に全力を挙げる方針を示した。《共同通信》

【政界談話室】

○…村山首相は22日、参院予算委員会で猪熊重二参院議員(平成会)から地下鉄サリン殺傷事件について質問されると、「不特定者数の住民を狙った悪質な犯罪であり、断じて許すことができない」厳しい口調で答弁。さらに政府の対応を「救援や捜査、犯人の検挙、再発の防止が大事であり、(事件の)報告を受けてすぐに指示した。徹底されていると思う」と自信満々で説明した。この日は平成7年度予算が成立するとあって首相は「ひと山越えたということかな」と笑顔だったが、それ以上に今回の事件で、弱いとされた危機管理能力をアピールでき内心ほっとした?

○…自民党の森幹事長は22日、札幌市内で開かれた北海道知事選候補の伊東秀子氏(元社会党代議士)の全北海道総決起集会であいさつし、「自民党は捨て石になり、捨て身で日本初の女性知事の誕生を全力を挙げて後押しする」と力強く支持を表明。さらに「実は日本初の女性知事は東京から出したいと思っていた。一番の候補は伊東さんか、森山真弓さん(参院議員)だと思って自民党都連の方とも相談していた」と東京都知事選候補に両女性候補を最後まで熱心に推していたとの秘話を披露。自民党の人気回復は田中真紀子科技庁長官ら今や女性頼みか。《共同通信》

【大相撲春場所】11日目

大相撲春場所11日目(22日・大阪府立体育会館)横綱曙が万全の取り口で11連勝。横綱貴乃花と大関武蔵丸は1敗を堅持したが、大関若乃花は2敗目を喫した。曙は突っ張り合いから苦手の貴闘力を押し出し。貴乃花は左四つの体勢で栃乃和歌を寄り切った。武蔵丸は朝乃若を問題にしなかった。若乃花は右でおっつけて出る関脇魁皇の寄りに屈した。大関貴ノ浪は6勝目を挙げた。関脇安芸乃島は小結大翔鳳を下し勝ち越しを決めた。この日の結果、全勝の曙を1敗で貴乃花と武蔵丸の2人が、2敗で若乃花が追う展開となった。十両は元幕内の時津洋が8勝3敗でトップ。《共同通信》

【Jリーグ・サントリーシリーズ】第2節

Jリーグ・サントリーシリーズ第2節(22日・三ツ沢球技場ほか=7試合)横浜マリノスが2年連続リーグ・チャンピオンのヴェルディ川崎を下し、開幕戦(鹿島アントラーズ)に続く強豪連破と絶好のスタートを切った。横浜Mは前半から、野田、三浦らのゴールで主導権を握り、6−2で大勝した。横浜フリューゲルスもベルマーレ平塚に3−0で勝ち、PK戦の末、名古屋グランパスを破ったセレッソ大阪とともに開幕2連勝。鹿島は新加入の柏レイソルを1−0で破り初白星を挙げた。サンフレッチェ広島は5−0で清水エスパルスに完勝。ジュビロ磐田はガンバ大阪に2−1、浦和レッズはジェフ市原に1−0でそれぞれ勝った。《共同通信》



3月22日のできごと