平成187日目

平成元年7月13日(木)

1989/07/13

【静岡・伊東沖】海底噴火

13日午後6時半ごろ、静岡県伊東市の北東3.2キロで海底噴火、その後6時45分ごろまでに5度噴火があり、ごう音とともに界面が高さ30メートル盛り上がり灰黒色の煙が上がった。

噴火は伊東市海岸部でも観測された。気象庁は臨時火山情報を出して警戒を呼び掛ける一方、監視を強化し、噴火の規模などの調査を急いでいる。警察庁によると、これまでのところけが人などは出ていない。《共同通信》




【フランス革命200年式典】開幕

Embed from Getty Images

フランス革命200周年記念行事では初の本格的公式行事となる祝賀式典が13日午後0時15分からパリのトロカデロ広場で始まった。

式典にはパリ入りしたばかりのブッシュ米大統領、サッチャー英首相ら先進7カ国首脳のほか、デクエヤル国連事務総長をはじめ、アジア、アフリカ、南米大陸の計三十数首脳が出席。

先進国首脳会議(アルシュ・サミット)開催国フランスがかねて主張していた“南北サミット”の実現には至らないものの、南北首脳はここで初めて一堂に会した。《共同通信》

【野球・高木勇人さん】誕生日

【道重さゆみさん】誕生日

【第101回芥川賞・直木賞】選考会

第101回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が13日夜、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞は該当なしに。直木賞はねじめ正一氏に「高円寺純情商店街」と笹倉明氏の「遠い国からの殺人者」の2作に決まった。

正賞は時計、副賞は各100万円。贈呈式は8月14日午後6時から、東京・丸の内の東京会館で。《共同通信》

7月13日のできごと