平成77日目

平成元年3月25日(土)

1989/03/25

【大相撲春場所14日目】横綱千代の富士関、2場所ぶり27度目の優勝決定

大相撲春場所14日目(25日・大阪府立体育館)横綱千代の富士が2場所ぶり27回目の優勝を決めた。千代の富士は2敗で追っていた横綱大乃国を左上手投げで下して14戦全勝、既に1敗力士がいなくなっていたため、千秋楽を待たずにV27が決定した。

千代の富士の春場所制覇は昭和58年以来で6年ぶり3度目。しかしこの一戦で千代の富士は左肩を脱きゅう、千秋楽は欠場する。《共同通信》




【カクテル】トム・クルーズ主演作品公開

3月25日のできごと(何の日)

【長渕剛さん】アルバム「昭和」発売

3月25日のできごと(何の日)

【新日鐵・釜石製鐵所】高炉休止

103年間にわたって燃え続けた高炉の火が25日未明に消えた新日鉄釜石製鉄所(岩手県釜石市)の第1高炉で、同日午前9時から高炉の出銑先を閉じる「高炉休止式」があった。浅井浩寿釜石製鉄所長ら釜鉄関係者約200人が出席、製鉄所のシンボルだった高炉に最後の別れを告げた。《共同通信》

【自民党・金丸信氏】消費税「国民苦しむならボツ」

自民党竹下派の金丸会長は25日、静岡県富士市で開かれた同派衆院議員の後援会で講演し、4月1日から実施される消費税について「今さら引けない。引けば混乱をまねくので実施しなければならない」と消費税実施に理解を求めると同時に「税制の問題が国民に塗炭の苦しみを与えるとしたら私が先頭に立ってボツにする」と述べた。《共同通信》

3月25日のできごと