令和1229日目

2022/09/11

この日のできごと(何の日)

【沖縄県知事選】玉城デニー氏が再選

任期満了に伴う沖縄県知事選は11日投開票され、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を訴えた無所属現職玉城デニー氏(62)=立民、共産、れいわ、社民、沖縄社大推薦=が再選を果たした。移設容認の元宜野湾市長佐喜真淳氏(58)=自民、公明推薦=ら無所属新人2氏を破った。岸田政権には痛手となったものの、移設が「唯一の解決策」として方針を堅持する。投票率は57.92%で、2018年の前回選を5.32ポイント下回った。

県知事選で移設反対派が勝利したのは3回連続となった。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【大相撲】

大相撲秋場所初日(11日・両国国技館)2場所ぶり8度目の優勝を目指す横綱照ノ富士は小結霧馬山を熱戦の末に寄り切り、白星発進した。

3大関は正代が翔猿を押し出し、新型コロナウイルス関連による休場明けでかど番継続の御嶽海も翠富士を押し出した。貴景勝は先場所初優勝の小結逸ノ城に押し出された。3関脇は大栄翔が白星。若隆景と新関脇の豊昇龍はともに敗れた。

新型コロナ感染対策により、今場所の観客上限は約87%の9265人で開催される。《共同通信》

【プロ野球・11日】

西3―0日

西武が連敗を3で止めた。二回に中村の11号ソロで先制し、三回は源田の適時三塁打と森の犠飛で突き放した。与座が5回無失点で自身初の10勝目、増田が30セーブ目を挙げた。日本ハムは好機であと一本が出ず零敗を喫した。

オ3―4ソ

ソフトバンクが連敗を3で止め、首位奪還。一回に柳田の3点本塁打で先制し、三回に三森のソロで加点した。千賀が6回2失点で7年続けて2桁勝利に到達。オリックスは六、八回と失策にも乗じて反撃したが及ばず、3位に後退。

楽3―2ロ

楽天は0―2の八回1死二、三塁から小深田の2号3ランで逆転した。岸は8回4安打2失点で8月4日以来となる8勝目を挙げ、松井裕は3年ぶりとなる30セーブをマーク。ロッテは2番手の唐川が誤算で、連勝は3で止まった。

D0―1ヤ

ヤクルトが無失点リレーで五回に小川の適時打で奪った1点を守り抜いた。小川が7回を5安打に封じて7勝目、八回を清水、九回はマクガフが締めて36セーブ目を挙げた。DeNAは7安打しながら、好投の大貫を援護できなかった。

広0―7巨

巨人が本塁打攻勢で今季の広島戦勝ち越しを決めた。一回に丸の通算250号の2ランで先制。二回はウォーカーのソロ、三回は中田の2ランで加点した。赤星が5回無失点で5勝目。広島は遠藤の制球が甘く、打線も本塁が遠かった。

神5―0中

阪神が少ない好機をものにした。四回に原口の適時打で先制し、六回は佐藤輝と木浪の連続2点二塁打で加点した。六回途中まで無失点と力投した西純が6勝目を挙げた。中日は対照的に好機を生かせず、零敗で連勝は3で止まった。《共同通信》

【J1】

明治安田J1第29節最終日(11日・札幌ドーム=1試合)札幌が磐田に4―0で快勝して今季初の2連勝を飾った。勝ち点を34に伸ばし、11位に順位を上げた。最下位の磐田は5戦勝ちなしで同23のまま。《共同通信》

【ゴルフ】

シンハンドンヘ・オープン最終日(11日・奈良県KOMA・CC=7065ヤード、パー71)首位から5打差の5位で出た比嘉一貴が7バーディー、1ボギーの65で回り、通算20アンダーの264で逆転優勝した。今季3勝目となるツアー通算5勝目で、優勝賞金は2386万4400円。

2打差の2位は前日首位のティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)ら海外勢が3人。他の日本勢では河本力が通算17アンダーで5位だった。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日(11日・京都府城陽CC=6555ヤード、パー72)19歳の川崎春花が4打差4位から1イーグル、6バーディーの64と伸ばして通算16アンダー、272で大会史上最年少優勝を果たした。2014年大会を20歳で制した鈴木愛の記録を塗り替えた。ツアー初勝利を国内四大大会で飾り、賞金3600万円と来季から3年のシードを手にした。 首位から71と伸び悩んだ山下美夢有が3打差の2位。さらに1打差の3位に菅沼菜々が続いた。前年優勝の稲見萌寧は上田桃子らと並んで7アンダーの19位。《共同通信》

【COVID-19】

国内で11日、新たに8万1491人の新型コロナウイルス感染者が報告された。1週間前から約2万6千人減少した。都道府県別では東京7750人、大阪5776人、神奈川5309人などだった。

死者は東京24人、千葉11人、大阪9人など計104人が確認された。200人を下回ったのは8月14日以来。厚生労働省によると、重症者は419人で前日より24人減った。 青森や広島などで過去に公表された感染者の取り下げがあった。《共同通信》

【パプアニューギニア】M7.6の地震

米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のパプアニューギニア中部で11日午前9時45分(日本時間同8時45分)ごろ、マグニチュード(M)7.6の地震があった。国連人道問題調整室(OCHA)によると、地震に伴う地滑りで少なくとも4人が死亡した。

ハワイの太平洋津波警報センターは、一時津波警報を出したが、その後解除した。日本の気象庁によると、日本への津波の影響はない。

震源はパプアニューギニアのカイナントゥの東67キロ。震源の深さは61キロ。OCHAによると、負傷者も4人おり、医療施設や民家、道路が損傷した。《共同通信》

【米中枢同時テロ事件】発生から21年

国際テロ組織アルカイダが首謀し、日本人24人を含む約3千人の命を奪った2001年9月の米中枢同時テロの発生から21年の11日、標的となったニューヨークの世界貿易センタービルの跡地などで追悼式典が開かれた。参加者はテロの発生やビル崩壊の時刻に合わせて黙とうし、遺族が犠牲者の名前を読み上げた。

バイデン大統領は現場の一つ、ワシントン近郊の国防総省で演説し「テロが存在する限り監視し続け、米国民を守るために必要なことはちゅうちょせずに行う」と訴え、テロとの戦いを継続する考えを強調した。《共同通信》

【F1】

自動車のF1シリーズ第16戦、イタリア・グランプリ(GP)は11日、イタリアのモンツァで決勝が行われ、最後尾の20番手からスタートしたアルファタウリの角田裕毅は14位でゴールした。7番手から出たレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が5連勝で今季11勝目、通算31勝目を挙げた。

2位にフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)、3位にメルセデスのジョージ・ラッセル(英国)が続いた。《共同通信》

【テニス】

テニスの全米オープン車いすの部は11日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)が第2シードのアルフィー・ヒューエット(英国)に6―7、1―6で敗れ、年間グランドスラム(四大大会全制覇)を逃した。全米の連覇も2で止まった。

女子シングルス決勝は第2シードの上地結衣(三井住友銀行)が第1シード、ディーデ・デフロート(オランダ)に6―3、1―6、1―6で敗れた。デフロートは四大大会8連勝。《共同通信》

テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は11日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス決勝で第3シードのカルロス・アルカラス(スペイン)が第5シードのカスパー・ルード(ノルウェー)を6―4、2―6、7―6、6―3で破り、四大大会初制覇を果たした。

19歳で世界ランキング4位のアルカラスは史上最年少で世界1位に浮上することが決まった。優勝賞金は260万ドル(約3億7千万円)を獲得した。

女子ダブルスはバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)組が初優勝した。《共同通信》

【レスリング】

レスリングの世界選手権第2日は11日、ベオグラードで男子グレコローマンスタイルが行われ、55キロ級の塩谷優(拓大)が3位決定戦でマックスエミリアノ・ナウリー(米国)を破り、銅メダルを獲得した。今大会の日本勢最初のメダル。

20歳の塩谷は10日に準々決勝で敗れ、11日の敗者復活戦に回っていた。

67キロ級の遠藤功章(東和エンジニアリング)と82キロ級の岡嶋勇也(警視庁)は1回戦を突破したが、2回戦で敗れた。

63キロ級の池田龍斗(日体ク)と97キロ級の鶴田峻大(自衛隊)は1回戦で屈した。《共同通信》

【MLB】

米大リーグ、レンジャーズは11日、有原航平投手(30)をメジャー出場の前提となる40人枠から外したと発表した。事実上の戦力外。

米国2年目の有原は、8月16日に今季初めてメジャーに昇格。だが10日のブルージェイズ戦では四回途中で11失点するなど5試合に登板して1勝3敗、防御率9.45と好結果を残せなかった。《共同通信》

米大リーグ、レッドソックスは11日、沢村拓一投手(34)を自由契約にしたと発表した。8月29日にメジャー出場の前提となる40人枠から外れて事実上の戦力外となり、傘下3Aウースターへ降格していた。

メジャー2年目の今季は49試合に登板して1勝1敗、防御率3.73。通算では104試合で6勝2敗、防御率3.39。《共同通信》

米大リーグは11日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はヒューストンでのアストロズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、一回に34号2ランを放つなど4打数2安打2打点だった。プロ野球日本ハム時代の166打点と合わせて、日米通算500打点を達成した。チームは4―12で敗れた。

カブスの鈴木はジャイアンツ戦に「3番・右翼」で出場し、八回に13号ソロを打ち4打数1安打。チームは2―4で負けた。

ブルージェイズの菊池はレンジャーズ戦で0―1の二回途中から3番手で2回を投げ、1本塁打を含む4安打2失点。チームは1―4で負けた。《共同通信》

【ウクライナ侵攻】

ロシア、戦争捕虜に拷問

国連ウクライナ人権監視団のボグナー団長は11日までに、ウクライナに侵攻したロシアが拘束した戦争捕虜に虐待や拷問を加えていることを確認したと発表した。ロシアは監視団に捕虜収容施設の調査を認めていないと批判。水や食料、医療が適切に提供されていない施設があると訴えた。

ボグナー氏によると、ロシアは多くのウクライナ人捕虜に対し、家族に収容場所や健康状態を伝えることも禁じている。妊娠した女性らも拘束しており、人道的見地から即時解放するよう求めた。

ウクライナ東部ドネツク州の捕虜収容施設では、A型肝炎や結核などの感染症がまん延しているという。 《共同通信》

ウクライナ、大規模反攻

米シンクタンクの戦争研究所は11日、ウクライナ軍が東部ハリコフ州のロシア制圧地域のほぼ全域を大きく奪還したとの分析を発表した。ロシア軍は戦略的要衝イジュムを含む補給路を失い、プーチン政権が目標とする東部ドンバス地域全域の掌握は困難になったとの見方を示した。戦果の背景に高機動ロケット砲システム「ハイマース」など米欧供与兵器の活用があると指摘した。

11日でロシアの侵攻開始から200日。ウクライナ軍はこれまでで屈指の反攻に成功した。タス通信によると、ロシアのペスコフ大統領報道官は12日「特別軍事作戦は全ての目標が達成されるまで続く」と主張した。



9月11日 その日のできごと(何の日)