令和410日目

2020/06/13

この日のできごと(何の日)

【コロナ】「社名のコロナに誇り」と広告

総合住宅設備メーカーのコロナ(新潟県三条市)は社名が新型コロナウイルスを連想させることで、心を痛めている社員と家族を勇気づけるため、13日付の新潟日報朝刊にメッセージ広告を掲載した。社員の子どもが読めるようにひらがなとカタカナを使い「わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています」とつづった。

メッセージは小林一芳社長が発出。「もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから」と強調した。《共同通信》

昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【ラグビー・福岡堅樹選手】東京五輪を断念

昨年に日本で行われたラグビーのワールドカップ(W杯)で日本代表として活躍した福岡堅樹(27)=パナソニック=が東京五輪出場を断念したことが13日、分かった。同日、日本ラグビー協会が7人制日本代表候補の練習生からの離脱を発表した。

関係者によると、新型コロナウイルスの影響で五輪が1年延期になったことを受け、以前から志していた医師になるための道を優先することを決めたという。俊足が持ち味の福岡はW杯で計4トライを挙げ、初の8強入りに貢献。4位だった2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した。14日にオンラインで記者会見する。《共同通信》

【COVID-19】国内の新規感染者45人

国内では13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに45人確認され、累計の感染者数は1万7448人となった。東京都と大阪府で計2人の死亡も判明した。

都内の感染者は24人。3日連続で1日当たりの感染者が20人を超えた。都によると、このうち20~30歳代の若年層が6割以上の15人に上り、ホストクラブの従業員ら「夜の街」に関連する人は4人だった。

北海道では9人の感染が確認され、このうち5人は、昼間にカラオケができる札幌市の喫茶店2店の客という。両店はクラスター(感染集団)に認定されており、これで感染者はそれぞれ15人となった。

神奈川県では6人の感染が判明。このうち1人は、すでに8人の感染が判明している川崎市内の病院に勤務する20歳代の女性看護師だった。《読売新聞》

【台湾】香港支援の集会

台湾の人権団体などが13日、香港で「逃亡犯条例」改正案に抗議するデモ隊が立法会(議会)を包囲してから1年を記念する支援集会を台北で開き「台湾と香港は共に中国帝国主義の拡張に抵抗しよう」「香港は香港人のものだ」などとシュプレヒコールを繰り返した。

台湾人のほか、香港人留学生ら約千人が参加。黒色の服を着た若者らが「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、時代の革命だ)」と記した旗やプラカードを掲げた。

中国が決めた国家安全法制の香港への導入を批判したほか、蔡英文政権には香港から逃れてくる香港人に対する具体的な支援策の制定を要求した。《共同通信》

【台湾】防護服5万着を日本に寄贈

新型コロナウイルス対策として、台湾政府が防護服5万着を超党派議員連盟「日華議員懇談会」(会長・古屋圭司元国家公安委員長)を通じて日本側に寄贈していたことが13日、分かった。

防護服は5月末に日本に到着した。5万着のうち2万5千着は台湾系医療従事者に、残る半分は日本の消防関係者に提供された。防護服は品薄が指摘されており、梅雨の季節を迎え災害の発生も予測される中、日本各地で消防団が中心となって避難所における活動などに従事することを想定したという。

台湾政府は4月にマスク200万枚を日本に寄贈したばかりで、自民党関係者は今回の台湾からの防護服提供について「困っているときは助け合うという日台の信頼関係の深さを表している」と感謝の言葉を述べた。《産経新聞》

【北朝鮮・金与正氏】韓国に軍事的措置を警告

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正党第1副部長は13日に談話を発表し、韓国の脱北者による正恩氏批判ビラの散布に対する韓国への報復措置として「次の段階の行動を決行するよう」指示したと明らかにした。朝鮮中央通信が伝えた。

南北首脳間の合意で北朝鮮の開城に設置した共同連絡事務所について「遠からず、形もなく崩れる悲惨な光景を目の当たりにするだろう」と警告し、文在寅政権を揺さぶった。

さらには、韓国に対する次の「対敵行動」の行使権を朝鮮人民軍総参謀部に引き渡す方針も表明し、今後、軍事的措置が起こり得ることを示唆した。《産経新聞》

【米・トランプ大統領】州兵に感謝

トランプ米大統領は13日、東部ニューヨーク州ウエストポイントの陸軍士官学校の卒業式で演説し、白人警官による黒人男性暴行死事件で全米に拡大した抗議デモへの対応を念頭に「街の平和と安全、法の下の秩序を守ってくれた州兵に感謝する」と述べた。今後の対処方針をどう説明するか注目されたが、言及はなかった。

米メディアによると、卒業予定の士官候補生ら約1000人は3月、新型コロナウイルス感染拡大を受け自宅に帰っていたが、トランプ氏が4月、卒業式で演説する意向を唐突に表明。士官候補生らは呼び戻され、2週間の自主隔離を行ってきた。《産経新聞》



6月13日 その日のできごと(何の日)