令和237日目

令和2年3月2日(月)

2020/03/02

【新型コロナウィルス】

世界の死者3000人突破

中国政府は2日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスによる中国本土での感染者が1日に202人増加し、計8万26人になったと発表した。死者は42人増え、計2912人となった。韓国、イタリア、イランや日本など各国の2日までの集計と合わせると、世界の死者数が3千人を突破した。

各国の発表によると、死者数は韓国が26人、イタリア34人、イラン66人、日本12人。中国では新たな死者は全員、患者が集中する湖北省で確認された。同省以外の新たな感染者は6人だった。全体の感染者のうち、これまでに4万4千人余りが治療を終えて退院したという。《共同通信》

外務省、韓国の渡航中止拡大

外務省は2日、新型コロナウイルスによる肺炎が広がる韓国の慶尚北道に対する感染症危険情報で、レベル3の渡航中止を勧告する地域を拡大した。新たにレベル3としたのは慶尚北道の慶山、永川の両市と、漆谷、義城、星州、軍威の4郡。 これらの地域と、既にレベル3を発令している清道郡を除く慶尚北道全体は、不要不急の渡航の自粛を求めるレベル2に引き上げた。

外務省は、感染がさらに拡大する可能性があるとして、在留邦人らに最新情報の入手と感染予防に努めるよう求めた。 韓国については大邱市のレベル3を発表済み。大邱市と慶尚北道を除く韓国全土は、十分な注意を促すレベル1としている。《共同通信》

安倍首相、インフル特措法改正を明言

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた法整備に関し、2013年施行の新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正する方針を固めた。安倍晋三首相が2日の参院予算委員会で明言した。緊急事態宣言の実施可能性にも重ねて言及。「与党、野党と相談させていただき、どう修正するか考えたい」と述べ、事前協議する意向を表明した。近く立憲民主党、国民民主党などに党首会談を呼び掛ける考えで、議員立法も視野に入れる。

特措法では、急速に全国へまん延し、国民生活や経済に甚大な影響が及ぶ場合、政府は緊急事態宣言を発令。都道府県知事は外出の自粛や学校の休校の要請も可能となる。

集英社と小学館、漫画誌無料配信

新型コロナウイルス感染防止策として全国の小中高校で臨時休校が始まったのを受け、集英社と小学館は2日、漫画誌「週刊少年ジャンプ」「月刊コロコロコミック」のバックナンバーの無料配信を始めた。 少年ジャンプ編集部は「子どもたちをはじめ、外出が難しい方々に楽しんでいただければ」としている。

少年ジャンプは今年の1~13号をアプリ「少年ジャンプ+」などで今月末まで公開。コロコロコミックは今年1月号を無料配信しており、以降の号も今後公開していくという。《共同通信》

新幹線700系ラストラン中止

JR東海は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、8日に予定していた東海道新幹線での「700系車両」のラストランを取りやめると明らかにした。東京発新大阪行き臨時「のぞみ315号」の運行がなくなり、乗務員への花束贈呈など東京駅と新大阪駅での引退式典、途中駅での社員による見送りも実施しない。

700系は1999年3月デビュー。先頭部分の形状から「カモノハシ」の愛称で親しまれた。ラストランの取りやめで、1日に引退記念の特典付き列車として走った新大阪発東京行きが最後の運行になった。 JR東海は、車体に「ありがとう」の文字を入れた車両を運行していた。《共同通信》



【北朝鮮】飛翔体2発を発射

韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が同日午後0時37分(日本時間同)に東部元山付近から北東方向の日本海に向け短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射したと明らかにした。韓国軍によると飛距離は約240キロ、最高高度は約35キロ。北朝鮮の飛翔体発射が伝えられたのは今年初めて。米朝対話が停滞する中、北朝鮮は兵器開発を引き続き進める姿勢を示した。

日本の防衛省は、日本の排他的経済水域(EEZ)への飛来は「確認されていない」とし、航空機や船舶の被害も現時点ではないと発表した。《共同通信》

【日経平均終値】2万1344円08銭

週明け2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は6営業日ぶりに反発した。政策対応による景気下支えへの期待から、割安な銘柄に買いが入った。ただ、新型コロナウイルスの拡大への懸念は根強く朝方は売りが優勢だった。

終値は前週末比201円12銭高の2万1344円08銭。東証株価指数(TOPIX)は15.00ポイント高の1525.87。出来高は約20億3515万株だった。《共同通信》

【気象庁】天候まとめを発表

気象庁は2日、この冬(昨年12月~今年2月)の天候まとめを発表した。東日本と西日本は平均気温の平年差がそれぞれ2.2度、2.0度高く、冬の最高記録を更新。降雪量は全国的に少なく、北日本と東日本のそれぞれ日本海側は平年値の44%、7%にとどまり、最少記録を塗り替えた。

気象庁によると、東日本(関東甲信、北陸、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)は冬型の気圧配置が続かず、寒気の流入が弱かった。このため東日本以西で気温がかなり高まり、降雪量は少なくなった。

東日本の太平洋側は低気圧や前線の影響で日照時間がかなり短くなり、西日本の日本海側で降水量が多かった。《共同通信》

【フィリピン・マニラ】商業施設で発砲

フィリピン警察によると、マニラ首都圏サンフアン市のショッピングモール内で2日午前、男が発砲した後、約30人の人質を取って立てこもった。1人が撃たれてけがをし、病院に搬送された。モールは封鎖され、客らは外に避難。男は同日夜、警察の説得を受け投降、人質は解放された。

地元メディアは、男は30代前半のモールの警備員で、2週間無断欠勤していたと報じた。警察によると、男は既に解雇されており、同僚の警備員と公平に扱われなかったとの趣旨の主張をしている。待遇への不満から事件を起こした可能性がある。

警察によると、撃たれたのは別の警備員で、命に別条はない。《共同通信》



3月2日のできごと