令和54日目

令和元年6月23日(日)

2019/06/23

【沖縄慰霊の日】


https://www.youtube.com/

太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」の23日、最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が営まれた。沖縄戦の終結から74年。「令和」最初となる式には遺族ら約5100人が参列し、安倍首相と玉城デニー知事は犠牲者への哀悼の意を述べた。

沖縄戦などの戦没者の名前を刻んだ同公園内の「平和の礎(いしじ)」の前では、多くの家族連れらが手を合わせた。今年は42人が追加刻銘され、総数は24万1566人となった。

沖縄戦は1945年3月26日に始まり、大規模な地上戦の末、推計で約20万人が犠牲となった。同年6月23日に本島南部の司令部壕(ごう)で日本軍司令官が自決し、組織的戦闘が終わったとされる。《読売新聞》

23日に沖縄県糸満市で開かれた沖縄全戦没者追悼式は、さながら政治集会の様相を呈した。玉城デニー知事が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し「県民の圧倒的民意に寄り添い、辺野古が唯一との固定観念にとらわれず県との対話による解決を強く要望する」と述べると、会場には拍手と指笛とともに「そうだ」「よーし」との声が飛び交った。

安倍晋三首相も出席した式典で知事が政治的要求を突き付ける「平和宣言」は、翁長雄志(おなが・たけし)前知事の在任時から繰り返されてきた。今回は玉城氏が知事に就任して初の式典だったが、「慰霊の日」を政治利用する悪弊は断ち切れなかった。

玉城氏による「県民の圧倒的民意」の誇示も政治的思惑が垣間見える。2月の県民投票では辺野古移設への反対が投票者数の7割以上を占めたが、投票率は52%だった。有権者の6割以上は反対しておらず、評価は必ずしも定まっていない。《産経新聞》

【体操・橋本大輝選手】世界選手権代表に

体操・全日本種目別選手権最終日(23日・群馬高崎アリーナ)――世界選手権(10月、独シュツットガルト)代表の最終選考を兼ねて各種目決勝が行われ、残り2枠を争った男子はあん馬3位、ゆか6位に入った17歳の橋本大輝(千葉・市立船橋高)が選考基準を満たし、代表入りを果たした。男子の高校生代表は、2013年初出場の白井健三(日体大大学院)以来、2人目。

つり輪5位の神本雄也(コナミスポーツ)も基準をクリアし、初めて代表に名を連ねた。白井はゆか3位で7連覇を逃し、代表選考でも落選。女子代表の残り1枠は、松村朱里(ジム・ネット体操教室)が射止めた。《読売新聞》

【プロ野球交流戦】ソフトバンクが優勝

プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は23日、ソフトバンクが巨人との首位攻防の直接対決に5―1で勝ち、2年ぶり8度目の優勝(最高勝率を含む)を決めた。パ・リーグの球団が制するのも2年ぶり。ソフトバンクには賞金3千万円が贈られる。

交流戦は24日に全日程が終了し、セ、パ両リーグ同士の対戦は28日から再開する。

巨1―5ソ(23日) ソフトバンク和田が2年ぶり勝利

ソフトバンクは一回に福田の先頭打者本塁打、松田宣の適時打、甲斐のスクイズなどで4点を先制し、七回に福田の7号ソロで加点した。和田は5回3安打1失点と好投し2年ぶりの勝利。巨人は菅野が1回0/3で4失点と崩れた。

ヤ6―2ロ(23日) 高橋が今季初勝利

ヤクルトが競り勝ち連敗を3で止めた。2―2の六回に奥村のスクイズで勝ち越し、七回に村上の適時打、八回に田代の2点適時打で加点した。高橋が6回2失点で今季初勝利。ロッテは投手陣が11四球と制球を乱し失点を重ねた。

中8―4日(23日) 中日が3連戦3連勝

中日が今季2度目の同一カード3連戦3連勝。一回にビシエドの2点二塁打と高橋の犠飛で3点を奪い、三回に2点を挙げて以降も効果的に加点した。ロメロが5勝目。日本ハムは注目新人の吉田輝が3回5失点でプロ初黒星を喫した。

神3―7西(23日) 西武が3位浮上

西武が3位に浮上した。二回に失策で追い付き、五回に秋山が左前に勝ち越し打。六回は秋山の2点二塁打を含む6安打で5得点と畳み掛けた。松本航は5回1失点と粘って3勝目。ガルシアが崩れた阪神は13安打を放ちながら14残塁。

広3―9オ(23日) オリックスが3連勝

オリックスが延長戦を制し、3連勝。0―0で迎えた十回に大城の2点二塁打で均衡を破った。この回は打者13人の攻撃で、7長打を集めて9点を奪った。4番手のディクソンが今季初勝利。広島は菊池保が誤算で、3連敗。

D3―0楽(23日) 上茶谷が4勝目

DeNAは四回に上茶谷の2点適時打で先制し、七回にソトの22号ソロで加点した。上茶谷は制球良く6回6安打無失点と好投し自身4連勝で4勝目、山崎が15セーブ目を挙げた。楽天は打線が岸を援護できず今季6度目の零敗。

【競馬・第60回宝塚記念】リスグラシューが優勝

第60回宝塚記念(23日・阪神11R2200メートル芝12頭、G1)3番人気のリスグラシュー(ダミアン・レーン騎乗)が2分10秒8で制し、G12勝目を挙げて1着賞金1億5千万円を獲得した。

払戻金は単勝が540円、枠連は(1)―(8)で620円、馬連は(1)―(12)で970円、馬単は(12)―(1)で2210円、3連複は(1)―(11)―(12)で2720円、3連単は(12)―(1)―(11)で1万4560円、ワイドは(1)―(12)が340円、(11)―(12)が760円、(1)―(11)が630円だった。

【横浜地検】検事正が謝罪

実刑判決の確定後、刑務所収容前に逃走したA容疑者(43)が公務執行妨害容疑で逮捕された事件で、横浜地検の中原亮一検事正が23日夕に記者会見を開き、「地域住民、学校関係者、関係自治体に多大な不安を与え、迷惑をかけ誠に申し訳ない」と謝罪し、10秒ほどの間、深々と頭を下げた。

事件では、地検が周辺自治体などに逃走の発生を知らせたのが約3時間後となり、公表の遅れに批判が集まった。中原検事正は「客観的に一定の時間の経過があったことは事実。責任者として、非常に責任は重いと思っており、痛恨の極みだ」と神妙な面持ちで語り、経過を検証した上で再発防止策を講じると説明した。《読売新聞》

【米・トランプ大統領】金正恩氏に親書

朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは23日、トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に親書を送ってきたと報じた。親書の具体的な内容や受け取った時期は不明だが、親書を読んだ金氏は「立派な内容が盛り込まれている」と満足の意を表明したという。

また、トランプ氏の「政治的判断能力と類いまれな勇気に謝意を表する」とした上で、「興味深い内容を慎重に考えてみる」と述べたとしている。

昨年6月12日の米朝首脳初会談から1年となるのを前に、トランプ氏は今月11日、金正恩氏から「美しい書簡」を10日に受け取ったと明らかにしている。トランプ氏の親書は金氏への返信とみられる。《産経新聞》

【程一彦さん】死去

和洋中にとらわれず、料理のコツをわかりやすく解説した料理研究家の程一彦さんが6月23日、仕事で訪れていた台湾で亡くなった。81歳だった。

大阪市出身。神戸・灘高校、関西学院大を卒業後、台湾、香港で料理を学び、大阪市で台湾料理店「龍潭」を営んだ。「医食同源」の重要性を伝え、テレビ番組「料理の鉄人」で初めて鉄人を破った料理人としても注目を浴びた。

ボランティア活動にも力を注ぎ、阪神大震災や東日本大震災の被災地で炊き出しを行ったほか、認定NPO法人「日本レスキュー協会」の理事も務めた。《読売新聞》



6月23日のできごと