平成10741日目

2018/06/05

【秋篠宮同妃両殿下】ハワイ日本文化センターを視察

日本人の移住150年を記念する式典出席などのため、米ハワイに滞在している秋篠宮ご夫妻は5日午前(日本時間6日午前)、日系人の歴史や文化を伝える施設「ハワイ日本文化センター」を視察された。

ご夫妻は、地元の子どもたちによる和太鼓の演奏や剣道の稽古を見学。日系移民の歴史が分かる展示室では、メモを取りながら熱心に説明を聞き、秋篠宮さまは「(初期の移民は)長男は少なかったですか」などと質問していた。太平洋戦争中に、日系人が敵性国民として強制収容された際の暮らしぶりを伝える展示も見学した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【米朝首脳会談】会場決定

米ホワイトハウスは5日、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談がシンガポール南部のセントーサ島にある高級ホテル「カペラホテル」で開かれると明らかにした。会談は12日午前9時(日本時間午前10時)に開始予定。

セントーサ島はカジノや遊園地などがあるリゾート地。人や車の出入りが管理しやすく、警備が比較的容易とみられている。セントーサはマレー語で平穏を意味する。

サンダース大統領報道官は5日、ツイッターで会談開催に協力しているシンガポールへの謝意を示した。《共同通信》

【SUBARU】新たな不正が判明

SUBARU(スバル)は5日、燃費や排ガスの検査データの改ざん問題に関して新たな不正が判明し、再調査すると発表した。不正があった台数は従来の903台から1551台に拡大し、今後も対象は増える可能性がある。経営責任を明確にするために吉永泰之社長は6月22日付で最高経営責任者(CEO)を辞任して代表権のない会長に退く予定で、経営からは事実上身を引く。

国土交通省が5月16日に実施した立ち入り検査をきっかけに、国が定める規定通りに燃費の測定試験をしていなかったことが分かった。再調査は社外の専門家に委託する。《共同通信》

【野党】麻生財務相の辞任要求

野党は5日、学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書改ざん問題の調査結果を巡り「一件落着ではない。麻生太郎副総理兼財務相が責任を取らねば許されない」(立憲民主党の枝野幸男代表)として、辞任要求を強めた。自民党総務会では調査結果に異論が噴出。財務省の太田充理財局長は参院財政金融委員会で、過去の答弁について誤りだと謝罪した。

枝野氏は党会合で「これだけ不当なことを行っても、開き直ればまかり通るというモラルのない社会が、安倍晋三首相の言っていた『美しい国』だというのがはっきりした」と批判。野党第1党として真相究明に全力を挙げる考えを示した。《共同通信》

【東京地検、警視庁】神戸製鋼を捜索

神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で、東京地検特捜部と警視庁は5日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、東京本社(東京都品川区)と神戸本社(神戸市中央区)、3工場の計5カ所を家宅捜索した。不正には役員経験者を含む約40人が関わったとされ、今後、押収資料の分析や関係者への事情聴取を進め、指揮系統の解明を進める。

特捜部などは、関連資料の一部について神鋼側から既に任意で提出を受けているが、実態解明には強制捜査が必要と判断した。日本のメーカーに対する信頼を失墜させた問題は刑事事件に発展した。《共同通信》

【警視庁】渋谷駅スクランブル交差点に赤信号で進入、21歳男を逮捕

東京都渋谷区のJR渋谷駅前のスクランブル交差点に赤信号を無視してワゴン車を進入させたなどとして、警視庁交通執行課は5日、道路交通法違反(無免許運転・信号無視)などの疑いで、川崎市の職業不詳、A容疑者(21)を逮捕した。同課によると、A容疑者は「職務質問されてパニックになって逃げたが、無免許ではない」などと容疑を一部否認している。

逮捕容疑は4月7日午後5時50分ごろ、渋谷駅前のスクランブル交差点で赤信号を無視し、無免許運転していたワゴン車を進入させたなどとしている。当時、交差点内は多数の通行人がいたが、けが人はいなかった。

同課によると、A容疑者は直前に近くの路上で停車中、渋谷署員の職務質問を受けて車を発進させ、交差点を突っ切って逃走した。警視庁はツイッターで情報提供を呼びかけて捜査を進め、目撃情報と防犯カメラの映像などからA容疑者を特定した。

A容疑者は当時、交通違反の累積による免許取り消しの処分を受け、仮免許を取得していた。仮免許は路上練習用であり、同課は信号無視などの状況から練習目的の走行ではなく、無免許運転と判断した。《共同通信》

【レスリング・伊調馨選手】練習再開

日本レスリング協会の栄和人前強化本部長からパワーハラスメントを受けていたことが発覚した五輪4連覇中の伊調馨(ALSOK)が、日本体育大学レスリング部の練習場で、練習を再開していることが5日、関係者への取材で分かった。

伊調は女子初の4連覇を達成した2016年夏のリオデジャネイロ五輪を最後に実戦から遠ざかり、動向が注目されていた。ALSOK広報部は「4月ごろから体を動かし始めており、練習をしているのは事実」とコメントし、東京五輪まで約2年と迫る中で今後については「何も決まっていない」としている。《産経新聞》

【豪・ビショップ外相】中国の圧力を非難

オーストラリアのビショップ外相は5日、中国がオーストラリアのカンタス航空に対し、ウェブサイト上で台湾を中国の領土と表記するよう政治的な圧力をかけたとして非難した。ロイター通信などが伝えた。

オーストラリア連邦議会では、不当な内政干渉を阻止するため、中国を念頭に外国人による政治献金を禁じる法案が審議中で中国の不興を買っており、新たな火種となる可能性がある。

中国民用航空局は4月、外国の航空会社44社に対し、各社サイトで台湾を「国家」のように表記するなど中国で違法とされる内容の修正を求め、カンタス航空のジョイス最高経営責任者は今月4日、これに応じる意向を示していた。

オーストラリアは中台は不可分の領土とする「一つの中国」原則を支持するが、ビショップ氏は企業運営は政府から政治的圧力を受けるべきではないとし、「カンタス航空がサイトをどう構成するかは同社の問題」と述べた。《共同通信》

【安倍晋三首相】和歌山の梅「健康によさそう」

安倍晋三首相は5日、首相官邸で、和歌山県産の南高梅の魅力をPRする「梅娘」の山本彩佳さん(27)と岩本奈津美さん(23)らと会い、梅干しの贈呈を受けた。

試食した首相は「甘酸っぱい味が健康によさそう。ご飯が進みますね」と笑顔を見せ、「疲れが取れる感じがする」とも語った。

梅娘は、6月6日の「梅の日」に合わせ、毎年この時期に首相を表敬訪問している。《産経新聞》



6月5日 その日のできごと(何の日)