2018 平成30年5月17日(木)のできごと(何の日)

平成10722日目

平成30年5月17日(木)

2018/05/17

【ハワイ・キラウエア火山】爆発的噴火

Embed from Getty Images

米ハワイ島のキラウエア火山で17日午前4時17分(日本時間17日午後11時17分)頃、爆発的噴火が起きた。

AP通信は、噴煙が約3万フィート(約9・1キロ)上がったと報じた。人的被害は確認されていない。地元当局は、爆発で生じた火山灰による被害が周辺に広がる恐れがあるとして注意を呼びかけている。

同火山は今月3日に噴火し、20か所以上の亀裂と溶岩の噴出が確認された。これまでに被害を受けた建物は住宅26戸を含む36棟に上り、周辺住民ら約2000人が避難している。《読売新聞》



【関学大】日大に遺憾の意

アメリカンフットボールの定期戦で、日大の選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、関学大は17日午後、記者会見を行い、日大から受け取った回答書について見解を表明した。負傷した選手、保護者に対し、直接の謝罪申し入れがなかったことに遺憾の意を表明、経緯や事実関係の説明も不十分だとし、「現時点で私たちが求めている誠意ある回答とは言えない」とした。

兵庫県西宮市のキャンパスで、鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターが会見した。日大側が回答書で、事実の把握や当該プレーに至った経緯については確認中のため24日をめどに回答する、としていることも明らかにした。再回答書からも誠意が感じられなかった場合は、来年以降の定期戦を行わない考えを改めて示した。《朝日新聞》

【京都・嵯峨嵐山】竹林で落書き

京都の代表的な観光地・嵯峨嵐山地域の竹林で、約100本の竹が刃物のようなもので彫られ、アルファベットやハングルなどの落書きが残されていることが17日、分かった。竹林を所有する京都市は注意を促す貼り紙を掲示しており、京都府警に被害届を出すことも検討している。

竹林は、同市右京区の天龍寺の北側にある市所有の約3800平方メートル。この中の「竹林の散策路」と呼ばれる一帯が被害に遭った。

市は平成27年、嵐山などで観光人力車を運営する法人に管理を委託。竹林に散策路を整備するなどして日中の一般開放を始めた。

市によると、開放当初から落書きは散見されてはいたが、今年2月ごろから徐々に増え、4月に急増。中国語で「ここに来たよ」などの内容もあるという。《産経新聞》

【渡辺謙さん、南果歩さん】離婚

俳優の渡辺謙さん(58)、南果歩さん(54)夫妻が17日離婚した。それぞれの所属事務所が同日発表した。渡辺さんは週刊誌で昨春報じられた女性との不倫関係を記者会見で認め、謝罪していた。

南さんは「この度、離婚という形に到りましたことをご報告申し上げます。出会いから16年、様々なことを学びました。そしてこの1年は、自身の生き方を見つめ直す時間を与えられました。これからは曇りのない笑顔で、私らしく歩んで参りたいと思います。今後とも宜しくお願い申し上げます」と報道各社にファクスを送った。《産経新聞》

【政府】新元号公表は平成31年4月1日を想定

政府は17日、平成31年5月1日の新天皇即位に伴う新元号の公表時期について、改元1カ月前の4月1日と想定して準備を進める方針を決めた。政府の各府省庁が管理する個別の情報システムの改修に1カ月間はかかると判断し、来年5月1日の改元日に間に合うよう改修する。関係省庁連絡会議で申し合わせた。

菅義偉官房長官は17日の記者会見で「作業上の便宜として新元号の公表時期を改元1カ月前と想定し、官民のシステムを改修する」と説明した。公表時期については「まだ決めていない」と述べるにとどめた。最終的な公表時期は首相の判断に委ねられる見通し。《産経新聞》



5月17日のできごと

シェアする

フォローする