2017 平成29年8月25日(金)のできごと(何の日)

平成10457日目

2017/08/25

【安倍晋三首相】韓国大統領と電話会談

安倍晋三首相は25日、韓国の文在寅大統領と電話で会談し、日本の植民地支配下での徴用工問題に関し、抑制的対応を求めた。日本の立場を伝え、「日韓の懸案を適切に管理することが重要だ」と述べた。文氏は韓国側の立場を説明。両首脳は、未来志向で日韓関係を構築していく考えで一致した。

両首脳は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を強行し、米領グアム沖へのミサイル発射を警告するなど挑発行動を繰り返す北朝鮮への対応を巡り、日米韓3カ国の連携の重要性を確認した。首相は「3カ国で足並みをそろえたい」と伝達。大統領も、3カ国の緊密な連携が重要だと応じた。《共同通信》




【台北地方法院】馬英九前総統に無罪判決

2013年に台湾政界の司法介入問題を巡る捜査情報を外部に漏らしたとして情報漏洩の罪などで起訴された馬英九前総統について、台北地方法院(地裁)は25日、無罪判決を言い渡した。

馬氏は捜査を指揮した検察トップから報告を受けた捜査状況を行政院長(首相)らに漏らしたが、判決は総統の職権範囲内の行為であり違法ではないと認定した。

司法介入問題は、会計法違反に問われていた民主進歩党(民進党)の立法委員(国会議員)から当時の王金平立法院長(国会議長)が依頼を受け、法務部長(法相)らに上訴断念を働き掛けたとされ、検察が捜査していた。《共同通信》

【タイ】前首相が国外逃亡

タイのインラック前首相の側近は25日、インラック氏が24日までにタイを出国したと明らかにした。行き先には触れなかったが、事実上の国外逃亡。在任中のコメ買い上げ制度で職務怠慢の罪に問われており、有罪判決が出るのを恐れて決断したとみられる。

兄のタクシン元首相に続き、インラック氏も国外に逃亡したことで、農村部の貧困層が主な支持基盤のタクシン派の急速な求心力低下は避けられない。2014年のクーデターで軍が実権を掌握しているタイの政局は、重大な転換点を迎えた。《共同通信》

8月25日/のできごと

シェアする

フォローする