平成10188日目

2016/11/29

【韓国・朴槿恵大統領】辞意表明

韓国の朴槿恵大統領は29日、国民向けの談話を発表し、友人で女性実業家の崔順実被告らによる国政介入事件の責任を取り、条件付きながら、任期満了前に辞任する意向を示した。朴氏は談話の冒頭「私の不覚で大きな心配をかけた点について改めて深く謝罪する」と語った。

Embed from Getty Images

さらに、「大統領職の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に委ねる。与野党が国政の混乱と空白を最小化し、安定して政権を移譲できる案を作ってくれれば、その日程と法手続きに従い、大統領の職を退く」と述べ、憲法改正をした上での辞任を示唆した。

朴氏の任期は2018年2月まで。1987年の民主化以降、現職大統領が任期途中に辞任するのは初。

検察は朴氏を、崔被告らと「共謀関係」にあった「容疑者」とみなしている。朴氏は検察の事情聴取を拒否し続け、国民の反発は高まる一方。退陣を求める大規模集会が5週続いた。野党主導の弾劾訴追案が12月2日にも可決する可能性も高まっていた。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【横浜・山口俊投手】移籍へ

DeNAから国内フリーエージェント(FA)権を行使した山口俊投手(29)が29日、チームに残留しない意向を明らかにした。横浜市内で球団幹部と交渉に臨んだ後、静岡県伊豆の国市で行われた選手会納会に参加し「悩んだが、一度きりの野球人生。プロ野球選手として条件の折り合いが付かなかった。移籍する旨を伝えた」と話した。

移籍先は巨人と中日に絞ったことを明かし「できるだけ早く決めたい。12月頭にはと思っている」と話した。

山口は大分・柳ケ浦高から2006年に高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)に入団。今季は19試合に先発し、チーム最多の11勝(5敗)を挙げた。《共同通信》

【明大・柳裕也投手】中日入団決定

中日からドラフト1位で指名された明大の柳裕也投手(22)=180センチ、83キロ、右投げ右打ち=が29日、東京都内のホテルで入団交渉し、契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1500万円で合意した。大学の1年先輩で新人王を獲得した阪神の高山俊外野手を意識し「続いていきたい。追い付け追い越せの気持ちでやっていく」と意欲十分だった。

大学では中日で活躍した明大OBの星野仙一氏、川上憲伸氏と同様、エースで主将を務めた。系譜を継ぐ柳は「比較されることはうれしい」と話した。中田宗男スカウト部長は「普通に投げれば戦力になる」と期待を寄せた。(金額は推定)《共同通信》

【DeNA】医療サイトを非公開に

IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は29日、医療や健康情報のインターネットサイト「WELQ(ウェルク)」の全ての記事を同日夜から非公開にした。サイトは外部のライターや一般からの記事を掲載していたが、内容に誤りがあるのではないかといった指摘が寄せられていた。

ウェルクは2015年秋にサービスを開始。外部のライターやネット利用者らから記事を募り、それをまとめる「キュレーションサイト」と呼ばれる方式だ。美容や健康情報だけでなく、白血病や肺炎など専門的な知識が必要な医療関連の記事も掲載した。月1回以上サイトを訪れる利用は、のべ2千万件以上あるという。同社にはサイトの閲覧で広告収入が入り、ゲームに次ぐ収益の柱につながると力を入れてきた。

ただ、10月ごろから記事に対し、他のサイトの記事を無断で利用しているほか、内容自体にも誤りがあるのではないか、との指摘が寄せられていた。専門家による記事の監修は一部にとどまっていた。《朝日新聞》

【チェルノブイリ原発】覆いの設置完了

ウクライナのチェルノブイリ原発で29日、30年前に事故を起こした4号機を覆う巨大な鋼鉄製シェルターの設置が完了し、同国のポロシェンコ大統領らが参加して式典が開かれた。放射性物質を封印し、飛散を防ぐのが目的。耐用年数は100年で、約15億ユーロ(約1780億円)もの巨費が国際支援により投じられた。

今後はシェルター内部で4号機を解体し、溶けた核燃料を取り出す最も困難な作業に移るが、さらに膨大な資金が必要になる。ウクライナ経済は危機に陥っており、事故処理の完了は全く見通せない。《共同通信》



11月29日 その日のできごと(何の日)