平成9830日目

平成27年12月7日(月)

2015/12/07

【高木毅復興相】続投を表明


https://www.youtube.com/

高木毅復興相(衆院福井2区)は7日、自らの政治資金問題について記者会見を開き「私の今の責任は、重い復興相の職責を全うすることだ」と述べ、閣僚を続投する考えを表明した。自身が代表を務める政党支部や資金管理団体の2011年から14年までの領収書を再点検した結果、新たに230件、計185万円の選挙区内への香典支出が含まれていたことも明らかにした。

高木氏は、香典のうち57件、計45万円分は本人の私費支出で収支報告書を訂正したとし「申し訳ない。しっかり復興の仕事をすべきところを(政治資金問題で)お騒がせした」と陳謝した。8日に開かれる衆院東日本大震災復興特別委員会の閉会中審査では、厳しい追及を受けることが必至だ。

新たに判明した香典支出は1件1万円以下で、収支報告書に明細が記載されていないもの。高木氏が私費で出したものと、党支部名で支出したもので、法的には問題ないと説明した。

公選法は、政党支部や資金管理団体が選挙区内で、議員の名前を示したり、名前を類推させたりする方法で香典などを出すことを禁じている。《福井新聞》

【沖縄県警】米軍機へレーザー照射、50代男を逮捕

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の周辺上空を飛行中の米軍機にレーザー光とみられる強い光線が照射された問題で、沖縄県警は7日、威力業務妨害容疑で宜野湾市大山、映像関連会社経営、H容疑者(56)を逮捕した。

逮捕容疑は7月1日午後9時すぎから9分間、自宅の駐車場から、上空約300メートルを飛行する海兵隊員4人搭乗のヘリコプターに3回にわたり緑の光線を照射、飛行訓練を中止させて業務を妨害したとしている。県警によると、昨年7月から今年7月にかけて、飛行中のヘリなどにレーザー光のようなものが計6回照射されたとの通報が米軍から寄せられていた。容疑者の関与や動機を調べる。《産経新聞》

【民主党・維新の党】統一会派結成で合意

民主党の岡田克也、維新の党の松野頼久両代表は7日午後、国会内で会談し、来年の通常国会に向けて統一会派を結成することで合意した。民主党は副議長を除き、衆院71人、参院58人。橋下徹大阪市長が結成した「おおさか維新の会」参加議員を除く維新の衆院21人、参院5人と合わせ、新会派は衆院92人、参院63人、計155人となる。

統一会派により、各委員会での質問時間などが増え、発言力が高まる。来年夏の参院選を見据え、まずは国会での野党共闘の体制を整える狙いがある。《日経新聞》

【安倍晋三首相】定数削減に意欲

安倍晋三首相は7日、衆院議員運営委員長に就任予定の河村建夫元官房長官と首相官邸で会談し、衆院制度改革について「1票の格差」是正と比例代表の定数削減に取り組みべきだとの考えを示した。首相は「(昨年12月衆院選の1票の格差を違憲とした)最高裁判決を受け止めなければならないし、公明党と比例定数削減で合意していることも踏まえて対応しないといけない」と語った。《毎日新聞》

12月7日のできごと