2015 平成27年11月5日(木)のできごと(何の日)

平成9798日目

2015/11/05

【東京都渋谷区】同性カップル「パートナーシップ証明書」発行開始

東京都渋谷区は5日、同性のカップルを結婚に相当する関係と認める「パートナーシップ証明書」の発行を始め、女性2人のカップルが第1号となる証明書を受け取った。3月に全国で初めて成立した「同性パートナーシップ条例」に基づくもので、ともに区内に住民登録し住んでいる20歳以上の同性カップルが対象。

認定第1号となった元タカラジェンヌの東小雪さん(30)と会社経営の増原裕子さん(37)は午前8時半すぎ、そろって渋谷区役所を訪れ交付を受けた。東さんは「職員から『末永くお幸せに』と言葉をかけられ、家族として認められて感激した。性的マイノリティーへの理解が全国にも広がってほしい」と話した。《産経新聞》




【ラグビー・五郎丸歩選手】スーパーラグビー「活躍見せたい」

ラグビーの世界最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」に挑戦する日本代表の五郎丸歩選手(29・ヤマハ発動機)が5日、浜松市で記者会見し、「日本の選手として恥じないよう、活躍する姿を見せたい」と語った。

加入するのは、豪州ブリスベーンを本拠地とするレッズ。ワールドカップ(W杯)イングランド大会で日本代表が3勝を挙げ、「世界で戦う自信になった」という。日本のシーズン終了後の来年2月26日に開幕する。《読売新聞》

【大阪府知事選挙】告示

大阪府知事選が5日告示され、無所属新人で自民党推薦の前市議・栗原貴子氏(53)、再選を目指す地域政党・大阪維新の会の現職、松井一郎氏(51)ら3人が立候補した。8日告示の大阪市長選とともに、22日に投開票される。

選挙結果は、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)が結成した国政政党「おおさか維新の会」の消長や、来夏の参院選にも影響しそうだ。《読売新聞》

11月5日/のできごと

シェアする

フォローする