平成9422日目

2014/10/25

【スカイマーク】成田撤退

業績悪化による不採算路線の見直しに伴い、成田空港からの撤退を決めた国内航空3位のスカイマークは25日、成田発着便の運航を終えた。同社は「運休であり、状況が改善すれば復活させたい」としているが、見通しは立っていないという。

成田発着便は札幌(新千歳)、米子、那覇と結ぶ路線で、それぞれ1日2往復。空港内のチェックインカウンターや事務所も今月中に撤去する。

同社は、欧州の航空機大手エアバスとの間で超大型機「A380」の売買契約をめぐる違約金問題が発生。厳しい経営状況の中、搭乗率向上が見込めない成田などの発着便を運休させ、羽田に路線を集中させることにした。《共同通信》




【プロ野球・日本シリーズ第1戦】阪神6−2ソフトバンク

SMBC日本シリーズ2014は25日、甲子園球場で第1戦が行われて開幕し、9年ぶりに出場した阪神(セ・リーグ2位)が6―2でソフトバンク(パ・リーグ優勝)に先勝し、1985年以来29年ぶり2度目の日本一に向けて好スタートを切った。阪神はポストシーズンに入ったクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージから無敗を続けている。

阪神は四回にゴメスの適時二塁打で1点を先制。五回2死満塁でゴメスが2点適時打を放つと、その後もマートンの2点二塁打などでこの回、計5点を挙げた。先発したメッセンジャーが7回2失点と好投。ソフトバンクはスタンリッジが五回途中6失点と崩れた。

【フィギュアGPスケートアメリカ】町田樹選手が連覇

Embed from Getty Images

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は25日、シカゴで行われ、男子フリーは昨季世界選手権2位の町田樹(関大)が、1位となり269・09点で優勝、同大会連覇でGPシリーズ4勝目を挙げた。

ショートプログラム(SP)トップの町田は、大きなリードを生かしフリーでは、ベートーベンの「交響曲第9番」で演技、冒頭から4回転に成功、この後も4回転―2回転、3回転―3回転の連続ジャンプを次々に決め、断然の1位で2位に30点以上の大差をつけた。

2位はSP3位のジェーソン・ブラウン(米国)、3位にはSP7位からナム・グエン(カナダ)が入った。SP2位のジェレミー・アボット(米国)は精彩を欠き5位に終わった。

【兵庫県警】不法入国で逮捕した男は「日本人」

兵庫県警尼崎北署は25日、韓国から不法入国したとして入管難民法違反(旅券不携帯)容疑で同日逮捕した県内の男性(25)が韓国人ではなく日本人だったことがわかり、即日釈放したと発表した。同署によると、25日午前2時50分ごろ、尼崎市内のスナックから「無銭飲食の男性客がいる」と110番があった。 駆けつけた署員が3人連れの客に事情を聴くと、1人が身分を証明できるものを持っていなかった。

この男性は「父は日本人、母は韓国人。韓国からフェリーのコンテナに入って日本に来た」などと片言の日本語で話したという。署員は不法入国の疑いがあると判断。午前7時半ごろから男性に任意同行を求めて事情聴取したが、身元を特定できないまま、同8時20分に逮捕。直後に男性が「実は日本人です。嘘をついてすみません」と名前などを話し始め、母親に連絡して日本人と確認され同10時25分に釈放した。男性は嘘をついた理由を話していないという。

同署幹部は25日午前、市内の母親宅を訪れて謝罪した。西村章雄副署長は「今後、このような事案がないよう適正な手続きを徹底したい」とコメント。署の幹部は「韓国人と判断できる直接証拠もなく、供述と片言の日本語という間接証拠だけで逮捕したことは甘かった」と述べた。《産経新聞》

【民主・枝野幸男幹事長】安倍政権問題続出で「早い解散はありがたい」

民主党の枝野幸男幹事長は25日のテレビ東京番組で、「(安倍晋三政権の)問題点が浮き彫りになってきたので、早く解散していただけるなら、こんなありがたいことはない」と述べ、早期の衆院解散・総選挙を促した。

民主党は295小選挙区のうち、現職や新人ら公認内定者が133人にとどまっおり、十分に選挙態勢が整っていない中での異例の「解散要求」だ。枝野氏は「立場を置き換えれば早い解散は十分あると言い続けている。解散に追い込むために何かやろうとは思っていないが、結果的にそうなるならいい」と強調した。《産経新聞》

10月25日/のできごと